近年の産婦人科の医師不足の原因

産婦人科の医師不足の原因として医師の過酷な労働環境や医療訴訟が医師数の減少を急激に速めてきたと考えられます。

これには、仕事量の増加や低賃金又は収益圧力などの他の臨床科にも共通する原因と共に産婦人科の特別な事情が関係しています。分娩に伴う長い拘束された時間や看護師の内診問題、他にも晩婚化や不妊治療に伴うとても高いリスクの妊娠が増えた事などが過重労働の原因となっています。

また、この10年あまりで医学部への女性入学者の割合が増加し、産婦人科への入局者の占める女性の割合もすでに8割近くあります。

しかし、婦人科医が分娩を扱わず婦人科のみに転向したり、他科に転向する例が増え始めているようで、それが産婦人科の医師不足の原因ともされています。

さらに、近年では体外受精を中心とする生殖補助医療の発展も原因の一つとなっています。高度な治療により今までは妊娠が難しいと言われていた高齢者の妊娠や多胎妊娠率が上がり、産科医や新生児科医師の負担を増加させました。そして、もう一つ原因として挙げられるのが、病院から診療所へ転任するという事も考えられています。病院は責任が重いですがその勤務を辞め、給与の面でもいい診療所やパート労働へ変わる医師が増えてきました。産婦人科の医師不足を改善するためには、今よりももっと改善しなくてはいけない所を親密に見直さなければどんどん状況は悪化すると考えられています。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。