病院での教授がいるのはなぜ?

大学病院などで教授と呼ばれる人がいるのが不思議に思う人も少なくはないと思います。それは病院が大学と連動していて、医学を学ぶ人の実践の場になっているからです。教授とは医学部の教授であるから、病院にいてもおかしくはありません。教授の下には准教授、講師、助教授というようにランクが存在しています。教授と呼ばれる人は医学部の教授と考えていいでしょう。

ちなみに「病院教授」と呼ばれる人もいますが、その人は臨床の資格を持っていても大学の教授にはなれていない人をそう呼びます。「臨床教授」は高い実績を持つ外部の医師が学生たちに講義ができるものになります。「客員教授」と呼ばれる人は大学の専任教員ではなくても学生に教えることのできる人を指します。

大学病院では研修医となって、医師になる実績を積んでいきます。実践で確実な判断ができるようにこのような経験をどんどん積んでいくのが重要になります。教授はその医師となる学生たちを導いていく人物となっています。失敗を許されることができない医療現場で医師の卵となって一人前になるためのプロセスとなっていくのでしょう。

大学病院だからこそ実践も積んでいくことができるのだと思います。教授という存在はそんな学生たちにアドバイスのできる人物になっているのかもしれません。教授とモテはやされているイメージも強くあるのかもしれませんが、実は責任が一番重い人になるのかもしれません。

教授は院長になる存在であってもおかしくはありません。だからこそ自分にも周りにも厳しくできる存在なのかもしれません。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。