麻酔科医の仕事は激務かどうか

麻酔科医は、一般的に麻酔全般を扱う医師で、手術中はもちろんですが、手術前の患者さんへの説明、そして術後のケアも大切な麻酔科医の仕事です。

麻酔を扱うわけですから、急を要する場合にはかなりの率で呼び出しされることもあります。オンコールと一般的には呼ばれるもので、朝夜関係なく呼び出されるわけですから、仕事として麻酔科医は激務なように思えます。近年では、医師不足は深刻な問題です。麻酔科医に関しても足りているとは言えません。尚、麻酔科医は激務であるように思えますが、その他の医師においてもそれはいえる事でしょう。

しかし、麻酔科医は業務内容のほとんどが手術での麻酔です。そして、手術中だけでなく、手術前の患者さんへの説明や手術後の患者さんへのケアなども業務内容に盛り込まれています。
最近では常駐の勤務医としての麻酔科も増えてきているようですが、少し前までは麻酔科医はフリーでの仕事スタイルがあり、今日と明日では勤務先が違うことも多くありました。そういった意味で麻酔科医は激務であるように思えたと思います。

手術となれば、担当医である外科などの医師との連携も必要となってくるため、精神的な強さやコミュニケーション能力を必要とされる場合も多くみられます。仕事がとてもハードであるが故に、年収は高いのかどうかというと、他の医師とあまりかわりはないようです。
尚、勤務形態などにもよりますし、最近は麻酔科医が痛みを専門とするペインクリニックを開業される場合もあるようです。そういった点では、麻酔科医は必ずしも激務とは言えないと思われます。

メディウェルの専門コンサルタントに求人探しを頼んでみませんか?

メディウェルでは47都道府県の医療機関にコンサルタントが直接足を運び収集した『リアルな情報』の提供に徹底的にこだわっています。インターネットに掲載されている求人情報が、先生の転職の為に必要な情報のすべてであるはずがありません。
ご登録いただいた方のみにご紹介する非公開・匿名求人では経営者の考え方・人事の方針、同僚の人員構成、職場の雰囲気など、求人票では伝え切れない本当に必要な情報をご提供させていただきます。

キャリアの考え方は、人の人生そのものであり、わたくしどもが紹介できる医療機関の数が、先生が選択できる未来の数と考え、先生にもっとも適したフルオーダーメイドのご提案をさせていただきます。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。