呼吸器内科の医師について

呼吸器内科は気管支や肺など呼吸器疾患の専門的診療を行います。その種類は肺がん、肺気腫、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群などさまざまです。
専門の外来を行っている病院は少ないようですが、地域や施設の形に関わらず、求人の数は増えています。総合病院では指導医や専門医、そしてクリニックや訪問診療、検査施設でも沢山の医師の募集があります。

高齢化が叫ばれる近年は、高齢者の肺炎による死亡は多いと言えます。がんにおいても肺がんの死亡数は一位になっています。そのため将来的に呼吸器内科の医師のニーズはますます増えることでしょう。

しかし、現在呼吸器内科の専門医は少ないのが現状です。
呼吸器内科医は内科の知識だけでなく、いろいろな呼吸器疾患の専門的能力が求められます。所見や経過をもとにさまざまな疾患を予測し、治療を行って行かなければならない難しさがあります。
生命に直接結び付く治療であり、色々な分野に対応していくスキルが大切で、総合的判断も必要になり、色々な科から連携も求められるので重要性が高いとも言えます。

その重要性が注目される中、臨床手腕にも将来性が見込まれます。患者さんと多く関わる呼吸器内科医はこの先増えて行く高齢の患者さんに対し、そのキャリアもさまざまに生かしていくことができるでしょう。
そのような状況の中で、現在転職をお考えの先生方にお勧めなのがインターネットの医師専門転職サイトです。

専任のコンサルタントが、毎日のお仕事でお忙しい先生方に代わりさまざまなノウハウを使って効率的な転職をサポート致します。まずはお気軽にご登録ください。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。