肛門科の医師について

医師の転職は、専門的スキルを高めるために症例の多い病院を目指すもの、今より高い年収を目指すもの、プライベートを充実させるために時間の余裕を求めるものなど様々です。
医師の転職事情については、ご承知の通り深刻な医師不足からどの専門分野においても沢山のニーズがあります。

肛門科において単独科は少なく、どのような形でサービスが提供されているのかが重要です。そして、女性患者様からは女性医師の診察を望む声が多く聞かれます。
このようなニーズにお応えして、男性、女性両方の医師で診察できるシステムで、患者様に安心して来ていただける環境を整えている医療機関もあります。

肛門科にとどまらず、それぞれの科の必要に応じて女性専門の外来を準備している機関もあります。女性医師の方はぜひそういった条件を生かす転職をお勧めします。
時間を優先したい方には、肛門科の診察を一週間の中で限定して行っている病院をお勧めします。ただし、勤務日数から医師の収入も限られてきますが、専門職ですのである程度の高収入を見込めるでしょう。その後時間に余裕ができてきたときなど必要に応じて転職を考えることもできます。

その他、肛門外科や大腸肛門科など高い専門性の募集もあります。また、肛門科と併設する診療病院には傾向として消化器科、胃腸科、内科などがあります。これら複数の科が存在する病院では肛門科から別の科の専門経験を積み、その後のスキルアップに役立てる事ができるでしょう。
このような沢山の転職情報の中からご自身にあった職場を見つけるために医師専門の求人サイトをぜひご利用ください。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。