小児科の専門医

小児科が医師の中でも独立した存在の理由は、子供は大人と比較して体は小さく,新生児や未熟児ではとても細かい手術の技術が必要だからです。そして、最も重要な事は子供の体は未完成という事です。
子供は肺や腎臓や肝臓など身体のさまざまな臓器が発育の途中です。小児科医はそんな繊細な子供の特徴を十分に理解して手術の前後の治療をしなければなりません。そして、薬の処方の仕方や点滴の仕方なども大人と同じ考えではいけません。

その理由として、子供は体の発達だけでなく、精神的や心理的にも発達の途中です。発達の途中に重い病気になったり手術をしたりする事になってしまった子供の気持ちも十分に考えてあげなくてはいけません。単に病気の説明や手術の方法などを説明すればいいというわけにはいきません。また、小児とはいくつの年齢を指すかというと0歳から15歳までの子供とされています。

新生児期や乳児期や幼児期他にも学童期や思春期の病気に携わるのが小児科です。また、子供だけしか診ないわけではなく、子供の頃に関係した手術や病気を小児科が診る事もあります。なぜ大人になっても子供の頃にした病気や手術を小児科が診るのかというと、成人外科医や内科医は知らないからです。

日本では子供を安心して預ける事が出来る医師の育成をするために専門医制度を設けています。学会の厳しい審査を受けて専門医は認められています。
審査の基準はとても厳しいですがこれは、専門医の育成だけでなく、患者に被害を受けさせないためにもとても必要な基準となっています。

2012年10月までの専門医の数は596名とされているので、今後もっと数が増えることを願っています。

「小児科」に関する記事を読む

医師
女医の転職
現在、医師国家試験の合格者数における女性医師の割合は3割を超えており、医学部の入学者における女性の比率が4割を超えるところもでてきています。このように女性医師の割合は急激に伸びてきており、特に20代の...すべて読む
JU115_72A
小児科臨床の大変さ
臨床研修医になって、自分がどのような進路をとるべきか悩むこともあるでしょう。その中には、将来小児科医として活躍していきたいと思っている人もいるかもしれません。 その場合には、小児科の臨床研修プログラム...すべて読む
Nurse/Doctor
小児科の医師に必要な環境
近年、産婦人科や小児科の医師不足は深刻な問題となっています。 核家族化や少子化によって、保護者の育児不安による経験不足・知識不足からちょっとしたことでも病院に連れていくことが多くなっています。このよう...すべて読む
転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。