消化器内科の医師とは?

消化器とは、食べ物を体内に取り入れ貯めて消化、消化された食べ物から必要な栄養素を吸収して、消化しなかった物を運んで排泄させます。この働きを操作しているのが消化腺や付属腺又は歯や肝臓などの付属器でこれらをまとめた仕組みを消化器系といいます。
消化器内科は、食道や胃や小腸や大腸それに関連する唾液腺や肝臓やすい臓や胆のうなど食べ物が入ってから出ていくまでの臓器が病気になった場合に治療を行う診療科です。
病気も良性の潰瘍や癌から緊急性が求められる短管炎や消化管出血のも又は病気の期間が長いと言われている慢性肝炎や肝硬変までとさまざまな病気があります。

消化器内科で行う検査には胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査、バリウム使用するレントゲン検査や腹部超音波検査などがあります。消化器内科の医師は一般消化器診療と他にも各専門領域を担当して診療を行います、各専門領域は消化管領域や肝臓領域や胆膵領域があります。その各領域に数人の指導をする医師がおり科学的根拠を主として診断を行っています。

消化管では主な対象疾患は、上部、下部消化管出血やヘリコバクターピロリ感染や炎症性腸疾患や食道癌他にも胃癌や大腸癌などの悪性腫瘍などの疾患があります。肝臓では、ウイルス性や自己免疫性肝疾患からの急性肝障害や慢性肝炎そして肝硬変や肝細胞癌や非アルコール性脂肪性肝炎他にも難治性腹水や道胃静脈瘤などの門脈圧亢進症という疾患が主としてあります。

胆膵では、胆石症や胆管炎や胆嚢炎などの胆道感染症があり、胆管癌や膵癌などの悪性腫瘍などもあります。他にも重症急性膵炎や自己免疫性膵炎やIgG4関連胆管炎などの疾患が主としてあります。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。