医局を辞める際に気を付けるべき注意点

医局を辞める際に気をつけたい事は、医局を辞めた後はどうするのかを考えなければいけないと言う事です。先生の中には、今の環境が大変過ぎるために、衝動的にやめたい気持ちが強まり、辞める事だけしか考えておらず、この先をどうするのかを考えていない先生が多くいます。

しっかりその後の事を考えていないと、辞めた後のまた新しく勤務先が決まったとしてもなかなか満足出来なくなってしまい、その内に勤務先を転々としなくてはいけなくなるなんて事になってしまう場合もあります。

すでに辞める事はもう決まっているのであれば、もう少しだけ冷静になって、辞めた後の事を少しだけでも考えおくと医局を辞めた事を後悔する事なくその後の人生を送る事が出来ます。

よく考えた上で自分のこれからのビジョンが決まってから転職先を決めて、そこから退職をしても遅くはないはずです。
医局を辞めてから転職先を探す場合では、今までとは違う環境の医局の病院がどんな内事情があるのか把握するのがなかなか難しいという点です。病院は横の繋がりがあるため、医局と繋がっている病院なら誰かに聞く事が可能になり、苦労をする事なく内事情を知る事が出来ますが、内事情を知らないところに転職が決定した場合、働き始めてからではないとわからないため一か八かのところがあります。どうせ転職するなら納得の条件のところを見つけて働きたいものです。

そこで、利用するといいのは医師紹介会社です。転職先を探している暇がない状況を回避するために最近では医師紹介会社を利用する先生がとても増えています。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。