女医はどのように子育てをするのか?

ほとんどの女医が永遠のテーマとしているのが自分の将来と仕事のバランスをどうするのか、という事ではないでしょうか。
女性が社会に進出してその仕事が身に着く時が妊娠や出産の適齢期と重なっています。仕事が軌道にのってきたと思い始めたのに心では結婚や出産をいつしたらいいのかと不安が募っていくと思います。女性なら出産は20代のうちに終わらせたいと強く願っていると思います。なぜならば、若ければ若い程妊娠もしやすく、しかも合併症も起こりにくいからです。

女医というのは医師免許を取得してから一人前になるまでに5年はかかると言われています。その時点で30歳になってしまいます。そこで、研修中に出産をしようと考えた所で今度は研修をしながら子育てもしなくてはいけなくなります。女医になるためには子育ての最中だからといって研修内容を減らす事など出来ないので負担が増します。

研修中に出産をする人はたくさんますが、やはり研修と子育てを両立するのはとても難しく女医にならないまま子育てを選ぶ人は珍しくないのです。

しかし、女医になったからもう妊娠や出産は諦めがちになる必要もありません。とても大変過ぎて出産しても子育てを選ぶ方はたくさん入る中で、子育ても仕事も両立して頑張っている女医の方もたくさんいます。
病院側も出産をして子育て中の医師にはいろいろな配慮がされているようなっています。例えば、子育て中の女医の方には無理をしない範囲で働いてもらうようにする、夜間の勤務や待機、入院患者の受け持ちをする事になった女医さんにはそれなりの手当てをつけるようにしている病院もあります。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。