女医の結婚に医局が障害となる

医局とは、同一 診療科の医師グループのことで、研修医の教育機関でもあることから、臨床のみならず、研究、教育、医師の人事など様々なことをつかさどっています。
女性の医師が、出産後も勤務を続けて、一線で診療を行っていこうという場合、やはり医局に所属する、というのはとても良い選択肢の一つと言えます。

例えば、医局に属していると、復職先に困ることはありませんし、専門医も修得できます。
また定期バイトの案件もたくさんあるので、自分の都合に合わせてアルバイトをすることもできるでしょう。大学病院は、一時期に比べ待遇改善が顕著になり、女医にとって恵まれた待遇であるといえます。

しかし、医局に属していると、特に若いうちは転勤ばかりで、女医の結婚に医局が障害となると言われる所以となっています。
一つの病院で一生勤めるというのも、もちろん悪くはありませんが、病院によって、患者層や設備、指導医も異なりますので、最初のうちは、2~3年ごとに病院を変わって研修することは、大変勉強になります。医局に属さず、毎回自分で転職先を探すとなるとなかなか大変ですから、一度落ち着いてしまうとあえて変わろうと思わなくなってしまうでしょう。

医局を辞めて転職先を探す際の問題点は、医局外の病院の内情を知るのが難しいということです。医局の関連病院ならば、誰かに聞けば内情はだいたい分かるはずですが、転職が内定した医局外病院の内部事情は実際に勤務 してみなければわかりません。

このようなことを考えると、女医の結婚に医局が障害となったとしても、医局に入るメリットは大きいのではないでようか。

医師の働き方」の他の記事を読む

af0150012940l
科目不問で転職できる医師求人にはどのようなものがあるか?
常勤でも科目不問で勤務できる求人がある  「科目不問」の求人、というと当直や健診などのアルバイト勤務のことを想定する医師が多いと思います。実際に当直勤務あっても、救急対応や急変時の対応の少ない、いわゆ...すべて読む
healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。