医師が辞めて転職する

一般的に、医師が辞めて転職するというイメージは沸きにくいものですが、後期研修などのプログラムをひととおり終えたときや、医学博士を取ったとき、さらには専門医の資格を取得したときなど、大学病院で一通りの教育を受け、一人前の医師としてどこでもやっていけるという自信が持てるようになると退局を考えるきっかけになるようです。大学医局というのはピラミッド構造になっており、教授や准教授になれるのはほんの一握りの医局員で、残りのほとんどはサラリーマンで言う平社員にあたる医員です。

そして、若手の抜擢というものが行われにくい組織になっています。医局の方針として、自分の大学に在籍しながら地方の病院で臨床を学んでもらうという狙いがあり、医員は、医局派遣で関連病院の遠いところに飛ばされる傾向があります。派遣される医員は、次はどこに飛ばされるかわからない不安定感がありますから、一定の年齢になると医局を辞めて、ほかの病院に転職し安定した生活をしたいと思うようになるのです。これが、医師が辞めて転職する、最初のきっかけです。

医局からすれば、医局員は多いほうがよく、医師が辞めて転職するのは非常に困ることです。医局の力というのは昔から比べると弱くなったかもしれませんが、まだまだ派遣病院というのは数多くありますし、何より医師の世界は狭いので、その大学が位置する都道府県において、医科大学の教授は医療界に対して一定以上の影響を及ぼす大きな存在です。ですから、医師が辞めて転職する場合には、細心の注意を払い、円満に退局できるように気配りする必要があるのです。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。