初期研修医の指導医になること

初期研修医は、まだまだ医師の卵といっていいと思います。
初期研修医に対して、指導医がつくわけですが、これがなかなか大変です。

初期研修医の場合、医学部でいろいろと実習をしているかもしれませんが、医療の現場ではいろいろと大変なことが起きる可能性があります。
その中で、治療をさせてみたところ何かミスをする可能性は十分にあります。
初期研修医を含め、5年目までの研修医であれば、いろいろなミスをする可能性があるわけです。

もし、初期研修医がミスをした場合、その上に立っている指導医が責任を負わないといけない可能性が出てきます。医師である以上、医療ミスを犯す可能性はあります。
自分で犯したミスであれば、それはきちんと責任を取る覚悟を持って仕事をしている人が大半のはずです。

ところが、自分のミスではなく、指導しているとはいえ他人のミスで、何らかの責任を取ることは正直納得できないと考えている人は多いです。
このため、指導医を任されると気分が沈んでしまうという人も少なくないようです。

確かに研修制度を経験しなければ、医師が一人前として成長することは難しいでしょうが、指導医になってみると、「下に医師などつけないでもらいたい」と感じる人も少なくありません。

たとえば医師でも時々出張をすることがあります。出張をするときには、完全単独行動をとることが一般的です。
この時に羽を伸ばして、日ごろのストレスを解消しているという医師もいるくらいなのです。

もちろん教えることが好きな医師がいて、指導医になることを喜ばしく思っている人もいるでしょうが、初期研修医の皆さんには、指導医になることに気乗りをしていない人もいることを理解しておくといいかもしれません。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。