※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

海外での研究を辞め、製薬会社へ

男性医師 呼吸器科

男性医師 呼吸器科 36歳

国公立系大学病院、関連病院勤務を経て、 現在は、米国内大学の研究員として勤務。取得資格は、日本内科学会認定専門医、日本呼吸器学会認定専門医、医学博士。

前職
職務内容
専門領域の研究
年収
400万円
専門
呼吸器科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
海外
現職
職務内容
製薬会社におけるオンコロジー領域の臨床開発
年収
1650万円
専門
その他
勤務形態
週5日勤務
勤務地
東京都

転職理由を教えていただけますか?

当時は米国に留学していました。自分が置かれている状況を考えると、帰国して臨床医として生きるか、研究者の道に進むかという選択肢しかないと考えました。どちらも実績が中途半端な気がして、どうしようかと悩んでいました。そして製薬会社でなら、どちらの経験も活かせるのではないかと、製薬会社への転職を考えました。もちろん、コスト的な期待も転職理由の一つです。

どのような条件を希望されていましたか?

企業経験がないので先方の条件に従おうと思っていました。

収入については、未経験者の平均が1400万円〜1800万円程度と聞いていたので、その程度あれば十分だと考えていました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

当時は海外にいたので、メディウェルの方とはメールでのやりとりが主でした。

登録後、まず、大手製薬会社の求人を4〜5社教えてもらいました。臨床開発職から安全性評価、マーケティング職まで職種がいくつかありました。どのような仕事をするかよくわからなかったのでそれぞれの職務内容について教えてもらい、ある程度イメージが沸いた上で臨床開発職を志望しました。

そして、書類選考のため、英文の履歴書、職務経歴書並びに和文の履歴書、職務経歴書を提出致しました。

3社の書類選考を受けたのですが3社とも書類選考が通り、1〜2週間ほど滞在期間を決めて、面接の日程調整をしてもらいました。メディウェルの方から、企業面接なので面接対策が必要と言われ、結構びっくりしたことを覚えています。面接対策として、面接時に聞かれる質問事項や製薬会社において求められる知識等の情報を事前にもらい対策を立てました。

準備できたのがよかったのか1次面接は全て合格したのですが、2次面接では2社、経験者の競合がいるという理由で落ちてしまいました。合格した1社は、社風も合っていたので転職を決めました。

今回の転職についての感想をお聞かせ下さい

製薬会社への転職は、人材紹介会社を使うメリットがあるなというのが感想です。

面接対策等はしっかりとした方が良いと思ったのと、公募していない求人がかなりあった印象を持っています。

働いてみて、ビジネスの世界なので厳しい部分はありますが、逆に言えば、成果を出せばその分見返りが来ると思うので自分には合っていると思います。

その他・東京都での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

その他・東京都での転職についてコンサルタントに相談する