※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

読影スキルアップ↑

放射線科 男性医師 45歳

放射線科 男性医師 45歳

大学医局に所属し、地域の中核病院の放射線科部長として勤務。 取得資格は、放射線科診断専門医、日本核医学専門医、PET核医学認定医

前職
職務内容
CT、MRIの読影業務、画像診断、IVR
年収
1500万円
専門
放射線科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
青森県
現職
職務内容
CT、MRI、PET/CTの読影業務、画像診断
年収
1650万円
専門
放射線科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
東京都

転職理由を教えていただけますか?

読影専門医として赴任しましたが、自信のないIVRを担わなければならず、また期待していたPET/CTの導入も事実上中止されたためです。また、夜間帯オンコールも含む365日拘束体制で、一人放射線科医長という点も、理由としてありました。

どのような条件を希望されていましたか?

読影スキルを身につけるということを第一に考え、PET/CTの読影業務が可能な医療機関への転職を決意しました。なので、PET、PET/CTのある医療機関が条件でした。

子どももすでに大きく、単身赴任になってもいいと家族から了承を得ていたので、勤務場所は問いませんでした。ただし、単身赴任の場合は、できれば住宅手当や週末に帰るための連休がとれることを希望しました。

なお、収入は大きな減収でなければ構いませんでした。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

インターネットにて医師転職ドットコムを見つけ、放射線科の案件が豊富だったので、希望条件を明記して登録しました。その日のうちに担当のコンサルタントの方から挨拶の電話をもらい、週末に自宅のある東北地方まで来てくれることになりました。

希望概要を登録時に入力していたこともあり、面談の際はPET、PET/CTが導入されているすべての医療機関リストと実際の案件を紹介してもらえました。

その中から、希望に合った関東の医療機関に見学に行き、続いて面接をしました。ちなみに、日程は関東で学会がある日の翌日にセッティングしてもらいました。

面接日までに、諸条件のすり合わせや同僚に関する情報、職場の雰囲気などの情報を頂いていたので、面接といいつ実際は顔合わせの場だったと思います。優しい性格の医師とコメディカルの方々、きちんとした事務スタッフの方々のいらっしゃるこちらの病院への勤務をその場で決意しました。

今回の転職についての感想をお聞かせ下さい

なかなか話しづらい、当時のもやもやした気持ちをコンサルタントの方にお話しすることから、転職活動がスタートしました。

多くの医師の転職に携わった経験から、私と同じような状況で転職された先生の話など役に立つ話を聞けたほか、情報の入手や条件交渉も行っていただけ、スムーズに転職活動が進みました。とても助かりました。

現職についての感想をお聞かせ下さい

現在は読影、診断業務に没頭しております。経験の少なかった、PET/CTの読影に関しては、放射線科の著名な先生である理事長先生にご指導頂いております。スキルアップできる環境で働けることに喜びを感じております。

放射線科・東京都での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

放射線科・東京都での転職についてコンサルタントに相談する