※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

初めての転職活動・・・「勤務先を決める」は大変!?

男性医師 呼吸器科

男性医師 呼吸器科38歳

医局派遣先の呼吸器科で、日本がん治療認定医機構の認定医と暫定教育医、総合内科指導医を取得。

前職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1000万
専門
呼吸器科
勤務形態
週6日勤務
現職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1800万
専門
内科
勤務形態
週5日勤務

転職理由を教えていただけますか?

年齢とともに、病院での激務がきつくなってきたこと。数年前に派遣されてきた現在の上司が患者さんよりも自分の都合を優先した指示を出したり、上司であることをいいことに雑用を押し付けくるなど横暴で改善される様子もないため、転職を考えました。

どのような条件を希望されていましたか?

休日と夜間の呼び出しのない、呼吸器内科を希望しました。

最初は、呼吸器や呼吸器内視鏡学会の認定施設で、気管支鏡も行える施設での勤務を希望していました。しかし、家族との時間などを考え、一般内科での勤務を考えるようになりました。

また夜診のバイトをしており、転職後も続けたいという希望もありました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

これまで医局に所属していたため、自分で転職することも紹介会社を使うことも今回が初めてでした。

担当コンサルタントの方からは、まず、転職活動の流れを丁寧に説明いただきました。そして、私の希望を聞いた上で、「夜診のバイトを続けたい」という私の希望がかなう医療機関の中で、「気管支鏡ができる/できない」、「一般内科として働くが呼吸器の専門性を発揮できる」といったタイプ別に医療機関を紹介してくれました。

しかし、勤務先を自分で決めること自体初めての経験で、紹介された医療機関の中から面接に行くところをなかなか決めることができずにいました。

すると、コンサルタントの方は、各医療機関それぞれの特徴やメリットだけでなく、施設を見学することで何がわかるのかを説明をしてくれ、及び腰になっていた私の背中を押してくれました。彼の後押しもあり面接先を2か所選び、面接を受けました。そして、夜診のバイトを続けられるように勤務時間を調整してくださった病院に入職を決めました。

年収も予想以上にアップし、感謝しています。

内科での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

内科での転職についてコンサルタントに相談する