※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

激務で忘れかけていた「やりがい」を取り戻す

内科 男性医師 

内科 男性医師 42歳

医学博士号取得。医局派遣先で日本内科学会認定医を取得し、病棟のグループ長を務める。

前職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1,000万円
専門
内科
勤務形態
週7日勤務
勤務地
北海道
現職
職務内容
外来・在宅医療・健診・人間ドック
年収
1,600万円
専門
内科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
北海道

転職理由を教えていただけますか?

 医局派遣先の大学病院で働いていましたが、救急対応に日々疲弊していく中で限界を感じました。医師である以上、ある程度の忙しさは当然の事だと思っていますが、それにしても平日はもちろん、土日も昼夜を問わない救急対応が立て続くなか、あまりにもの多忙さに疲れ果て、幾らなんでももう少しメリハリのある生活がしたいと思うようになりました。

 自分の責任を思うと、なかなかすぐ転職をするという決断には踏み切れなかったのですが、それでも心身共に限界に近づいているのも感じていたので、さしあたり教授に辞表を出しました。その後、転職活動をどう進めるべきなのか模索しつつ、とりあえず相談だけでもしてみようと思いメディウェルさんに会員登録をしました。

どのような条件を希望されていましたか?

 以下の条件を希望しました
 ・個人情報および私だと特定されかねない情報は
  応募先以外には一切出さずに活動を行える事
 ・来春からの勤務開始
 ・健診の業務
 ・週休2日、特に土日祝休みが望ましい
 ・当直なし
 ・家から公共機関を使って30分以内
 ・年収1400万円以上

 今思うと、とにかく疲れ果てていたので、解放されたかったという思いが強かったです。
  

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

大学にはすでに辞表をだし、教授からも了承をもらった段階で、メディウェルさんに登録しました。

 ゆったりと勤務がしたいという思いが強く、健診の求人を紹介して欲しいと話したところ、担当のコンサルタントの方が、それ以外の働き方も検討した上で絞り込みましょうと、健診や内科クリニック、在宅診療など、様々な医療機関の求人を紹介してくれました。

 そして、それぞれの医療機関の通勤時間や、業務内容や業務量、責任の重さ、将来積めるキャリアなどを含め説明いただき、比較検討していきました。

 その話を聞き、当初希望していた健診だけでなく在宅診療も行うクリニックの面接を受けることに。面接で理事長と事務長の温かい人柄に感動し、またオンコールの免除もしてもらえることになり、気付けば転職先の有力候補に変わっていました。

 ただ、もう一か所、知人の紹介で健診業務のみのクリニックへの勤務話もあり、こちらは当初希望していた健診のみの業務だったこともあり、どちらで働くのがよいか迷ってしまいました。

 そこで、コンサルタントの方に、2か所のクリニックで迷っていることや、妻の希望としては健診クリニックは自宅から近すぎるためできればメディウェルさんに紹介されたクリニックに勤めて欲しいことなど、状況を包み隠さず話し相談にのってもらいました。

 私の甲乙つけがたく悩んでいる様子に、コンサルタントの方が「家族の望みも叶えるのが、納得いく転職だと思う」と、彼なりの考えを話してくれ、確かにそうだと背中を押してもらい、在宅診療クリニックへの入職を決めました。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

 コンサルタントの方にいろいろと教えていただいたことで、当初の希望であった健診だけでなく、これからの医療には在宅診療も必要になってくるという医師としてのやりがいの部分を忘れずに仕事ができる運びとなりました。

 在宅の仕事は、それはそれで責任が重く大変なところはありますが、医師として日々学ぶことも多く、スタッフの方々に支えられながらやりがいを感じて仕事をしています。

 妻にも「転職してから顔つきが全然変わったね」と言ってもらえるようになり、また夜も熟睡できるようになりました。間違いなく、今回の転職は「納得のいく転職でした」ありがとうございました。

内科・北海道での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

内科・北海道での転職についてコンサルタントに相談する