※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

時間、やりたい療法、妻の喜ぶ顔。すべてを手に入れた男。

男性医師 精神科

男性医師 精神科35歳

医局派遣先で、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医を取得。

前職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1,400万円
専門
精神科
勤務形態
週5日勤務+当直1~2回/週
勤務地
鹿児島県
現職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1,600万円
専門
精神科
勤務形態
週5日勤務+当直1回/週
勤務地
宮崎県

転職理由を教えていただけますか?

実家の親の容態が思わしくなく、何かあった時に駆けつけれるように、時間にも融通を利かせれるところへ移りたいと思ったこと。そして、自分の都合で親元から離れた地に来させてしまっている妻も、親が高齢に差し掛かっているため、可能であれば親元近くに置いてあげれればと思い、転職を考え始めました。

ただ、時間の拘束があまりなく、かつ、これまで手掛けていた療法が引き続きできるところ、となると大学医局から出るしかないと思いました。しかし、民間病院については疎く、メディウェルさんにご相談しました。

どのような条件を希望されていましたか?

妻の地元で購入を検討していた自宅候補地に近いこと。そして、給与額を維持しつつ、時間の拘束がなく融通も利くことがもっとも重要視するところでした。その上で、もしできれば、これまで行ってきた療法を引き続きできるところを希望しました。ただ、手がけてきたのが内科との連携が必要な治療のため、実践するためには院内設備と、療法に明るい内科医師の協力が不可欠。この条件がクリアできるところとなると難しいかもしれないと自分の中での妥協点を探っていました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

当時は大学病院に勤務していて忙しく、情報収集はすべてメディウェルさんにお任せしました。事前に、希望条件からやや外れた病院も含めて可能性のあるところは全て情報を頂けると聞き、漏れもないと感じ安心しました。

担当コンサルタントの方とのやりとりは週2回のメールと週末の電話が基本でした。また、細かい質問や相談については、認識にズレが出ないようその都度メールが送られてきた後に、再確認の電話をいただいていました。

また、医局との退局交渉についても、できる限り早めに行うようにとアドバイスをもらい、教授と面談の場を持ちました。印象よく伝えることができ、軽い引き止めに合う程度で、退局調整もスムーズに進みました。

面接候補となった病院は、全部で3か所。1ヶ所目は時間の融通が利き転居候補先からも近いけれど、希望する療法については現在対応できる医師がいなくて行っていない病院。2ヶ所目は転居候補先から少し遠いけれど、思春期から大人まで幅広い患者を診ており希望する療法も行っている病院。そして、3ヶ所目が、時間的拘束がそれほど強くなく、希望する療法も現在行っており、療法に詳しい内科医が在職している病院でした。

その中から、最重要視していた時間の問題をクリアし、かつ、これまで行っていた療法をすぐにでも実践できるということで、3番目の病院に転職することを決めました。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

全ての情報収集をお任せしていましたが、必要な情報に齟齬や漏れがないように理解しづらい点については再度確認してくれるなど、欲しい情報がすべてもらえ、イメージが沸きやすく、何の心配もなくお任せできました。

また、転職先が妻の地元で、私自身は地域の様子がほとんど分からない状況での転職だったのですが、「転居先の候補が妻の一存で決まってしまったことが心残り」と洩らした一言を覚えていてくれて、面接の空き時間に、転居候補先の周辺を車で回ってくれたのが印象的でした。仕事上の付き合いではなく、人と人との関係を大事にしてくれることを嬉しく思いました。

精神科・宮崎県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

精神科・宮崎県での転職についてコンサルタントに相談する