※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

病気ではなく、人生を診る~40代でスタートした医師のキャリアプラン

女性医師 精神科

女性医師 精神科47歳

勤務先の精神科で精神保健指定医の資格を取得。

前職
職務内容
外来・病棟管理
年収
1,000万円
専門
精神科
勤務形態
週4日勤務
勤務地
千葉県
現職
職務内容
往診
年収
1,100万円
専門
在宅診療
勤務形態
週4日勤務
勤務地
埼玉県

転職理由を教えていただけますか?

病院や医療と無縁の社会人生活を送っていた20代後半のある日、突然病気に罹り入院。その後も入退院を繰り返し、会社を辞め、病闘生活を続けました。そんな時に自分を救ってくれたのが、担当医を始め病院スタッフの皆さんでした。病気を治し入退院を繰り返す日々から救ってくれたことはもちろん、日々励まし続けてくれることで希望を捨てずに病気と闘うことができた。私も、自分が救われたように、誰かを救いたい。病気が完治した日、医者になることを決めました。

その後、医師免許を取得。知り合いが身近にいたこともあり精神科を選択し、指定医の資格取得のために、当時勤めていた病院に就職しました。

自分が救われたように、今度は自分が病気で苦しむ人を救いたい。そう願って医師になったのに、現実は違いました。薬一つ、検査一つとっても、患者さんにとっての最善ではなく病院にとっての最善策を取らなければいけない。どうすれば利益が出でるかが優先される毎日に嫌気がさし、指定医の資格取得が確実になった日の夜、資格取得後の転職を相談するため、メディウェルともう一社、人材紹介会社に登録しました。

どのような条件を希望されていましたか?

精神科に懲りたこともあり、在宅診療がしたいと希望しました。また、内科疾患はほとんど診ることができないため、内科領域が勉強できることも絶対条件でした。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

メディウェルに登録してすぐ担当コンサルタントの方から連絡がありお会いしました。とても緊張していたことを覚えています。医者になるまでのこと、初期研修や後期研修先の話、転職を決意した理由や希望条件などをお話しし、在宅で内科領域が学べるクリニックをいくつか紹介してもらいました。その後、連日、電話やメールでやりとりし、応募先を絞り込んで面接を受けました。その中に、自宅から通いやすく、長期間院長先生に同行して在宅医療とはどのようなものかを学べるクリニックがあり、有床診療所という安心感もあり、そちらで働くことを決めました。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

「60歳までに残された10年の医者人生を、どう生きたいですか?」
担当してくれた男性コンサルタントさんから言われたこの言葉が印象的でした。

実は、一時期、別の紹介会社から精神科クリニックの高額求人を紹介され、思わず心が動いたことがありました。しかし、メディウェルの担当の方に「そのクリニックに行こうと思う」と話たところ「いまの気持ちで、やりたいと思っている“患者目線での医療”はできますか?」と聞かれてはっとしました。その後、転職しようと決めた時の気持ちで、もっと言えば、医者になろうと決めた時と同じ気持ちで、内科疾患を学べる在宅クリニックへの転職活動をし、今の勤務先への転職を決めることができました。

ただ医師を募集している病院を紹介するのではなく、私が、医師としての残り10年を、精神科医としての強みを活かしながら、在宅診療で患者さんやご家族と向き合い、彼らの人生を診る医者として過ごすなら、そこにたどりつくためにこれから先、どんな医療機関で、どんなことができるようになっていく必要があるのか。10年という残された時間の使い方を踏まえて、医療機関を紹介してくれたこと。

そして、入職後に院長から聞いて始めて知ったのですが、私が働きやすいように、院長との同行含め条件面で医療機関と交渉をしてくれていたこと。

彼が担当でなかったら、こんな転職はできなかったと思います。

在宅診療・埼玉県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

在宅診療・埼玉県での転職についてコンサルタントに相談する