※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

総合内科重視の医局から飛び出し、スペシャリストへ

男性医師 内科

男性医師 内科33歳

取得資格は日本内科学会認定医ほか

前職
職務内容
外来、病棟管理、透析、内視鏡検査など
年収
1,500万円
専門
内科
勤務形態
週5日勤務+当直8回/月
勤務地
大分県
現職
職務内容
外来、病棟管理、透析
年収
1,200万円
専門
腎臓内科
勤務形態
週5日勤務+当直3回/月
勤務地
宮崎県

転職理由を教えていただけますか?

腎臓内科・透析分野に関心があり、経験を積んで専門医を取得したいという希望がありました。しかし、当時所属していた医局は総合内科としてのスキルアップを重視しており、専門に特化した診療ができず、腎臓学会・透析医学会の認定施設への転職を希望するようになりました。

どのような条件を希望されていましたか?

・腎臓学会及び透析医学会の認定施設もしくは教育関連施設であること
・当直回数が月4回程度に減ること
を希望しました。
この条件を満たすなら年収は下がっても構わないと考えていました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

メディウェルさんに登録後、担当コンサルタントの方から「腎臓学会、透析医学会の認定施設は数が少なく、かつ医局の関連施設になっているところが多いため、応募先は限られてくると思う」と率直に話していただき、市場の状況をきちんと理解した上で転職活動を始めることができました。

その後、3つの医療機関をご紹介いただきました。各医療機関に関して、医療圏での役割、透析・腎臓内科の医師や専従スタッフの構成、ベッド数、患者数、透析導入の件数、腎生検の有無、一般内科の診療の有無や外来コマ数などをコンサルタントの方に教えてもらいました。さらに、病院から街に出るまでの時間といった生活環境の情報まで伝えて頂き、大変ありがたかったです。

ここでも担当コンサルタントの方は、各医療機関の欠点も率直に話してくれました。
具体的には、A病院は立地が都市部より少し離れており、家族に納得してもらうのが難しいと感じました。B病院は、病院の方針として内科系医師は全員総合内科に所属し、専門領域と合わせて一般内科も診る必要がありました。C病院は、地元大学との関係から医局派遣の医師もおり自由な診療が難しいとのことでした。
これらの欠点も知ったうえで、3つの病院の面接を受けることにしました。

面接を経て、専門領域に集中できることはもちろんですが、部長の先生のお人柄が良かったこと、他科との連携がしっかり取れていたことが決め手となり、A病院への転職を決意しました。ネックとなっていた立地についても、コンサルタントの方が「ご家族の意見を聞いてみましょう」と、実際に家族で病院周辺を見て回る機会を作ってくれたのです。その結果、家族からも納得してもらえ、希望通りの転職ができました。

今回の転職についての感想をお聞かせ下さい

スタッフの体制や施設など色々な面で体制が整っており、経験を積むには十分の施設に決めることができて良かったです。

腎臓内科・宮崎県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

腎臓内科・宮崎県での転職についてコンサルタントに相談する