※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

40歳。指定医でない将来に不安を感じて

男性医師 精神科

男性医師 精神科40歳

取得資格は日本精神神経学会専門医

前職
職務内容
外来、病棟管理
年収
2100万円
専門
精神科
勤務形態
週5.5日勤務+当直11~13回/月
勤務地
岐阜県
現職
職務内容
外来、病棟管理
年収
2100万円
専門
精神科
勤務形態
週5日勤務+当直11~13回/月
勤務地
滋賀県

転職理由を教えていただけますか?

30代後半という年齢で精神保健指定医を取得しておらず、将来のキャリアに漠然とした不安を持っていました。

転職しない形での精神保健指定医の取得を考えたものの、当時勤めていた勤務先では必要な症例が無く資格取得は不可能な状況でした。

当時の職場は、理事長と個人的な付き合いもあり、世話になっているという思いもありましたが、近年、法人の組織が急速に膨張し、それに伴い医師をはじめとした人員増で環境が大きく変わってきていました。できれば理事長と会ってじっくり相談したいと思っていましたが、容易に会うこともできず時間ばかりが過ぎてしまう状況にありました。当初は定年まで勤務しようと考えていましたが、組織が変化していく中でそれも難しいのではないかという思いが出てきて、転職を決意しました。

どのような条件を希望されていましたか?

・将来のために精神保健指定医を取得できる施設であること
 (精神保健指定医取得に必要な症例の集まる医療機関であること)
・家族のために年収(2100万円)が維持できること
上記2点を最優先の希望としていました。

その次の希望としては以下2点を挙げました。                
・大学医局入局は出来るだけ避けること
・学会参加補助制度のある医療機関であること

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

メディウェルさんに登録した当初、勤務先の病院の理事長に世話になってきたという思いもあり、そのまま勤務先で精神保健指定医を取得できるのであれば、それに越したことはないと思っていました。そういう背景もあり、勤務先の医療機関に残る可能性も考慮しつつの転職活動となりました。

転職で年収が落ちるのは、やはり避けたいと、その旨をコンサルタントの方にお伝えしたところ、実は当時の年収が自身のキャリアから考えれば異例の高収入であることが判明。同程度の年収を維持しながら精神保健指定医を取得できる医療機関への転職はハードルが高いという現実を担当コンサルタントの方から教えていただくところから転職活動が始まりました。

とはいえ、子ども二人の教育費を考えると、年収を下げることは非現実的。始めは自宅から通勤可能な範囲内での転勤を考えていたのですが、年収面で希望に届く案件が無かったため、単身赴任も視野に入れ、条件に合う案件を探していただくことになりました。

その中に現在の勤務先であるS病院がありました。精神保健指定医取得が可能であること。当直回数を増やせば年収の維持ができること。以上の条件を満たし、かつ自宅から2時間程度の距離で単身赴任にはなるものの週末には自宅に帰ることができる環境で勤務できること。そして、面接での院長の丁寧な対応も決め手となり転職を決意しました。

転職活動の期間としては2ヶ月ぐらい、もっと苦労するかと考えていましたが、担当コンサルタントの方のサポートもあって、思ったよりスムーズな転職ができました。

精神科・滋賀県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

精神科・滋賀県での転職についてコンサルタントに相談する