※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

転職から医局退局までをアドバイス

男性医師 腎臓内科

男性医師 腎臓内科33歳

取得資格は、医学博士、日本内科学会認定医、日本循環器学会循環器専門医ほか

前職
職務内容
腎臓内科外来、透析管理、病棟管理
年収
1,200万
専門
腎臓内科 ・ 内科
勤務形態
週5.5日勤務
当直
6回/月
勤務地
神奈川県
現職
職務内容
透析、腎臓内科外来、病棟管理、一般内科外来(ヘルプ)
年収
1,700万
専門
腎臓内科 ・ 内科
勤務形態
週5日勤務
当直
勤務地
神奈川県

転職理由を教えていただけますか?

医局派遣先の勤務条件への不満(拘束時間の割に給与が低く、休みが取れない)がたまってきたこと、もう学べることがなくなったことに加えて、親との同居が決まり帰郷することになったため、転職を決めました。

どのような条件を希望されていましたか?

・離職率が低い職場(スタッフの雰囲気が良い職場)
・実家からの通勤時間が1時間以内
・年収1,500万 
・当直なし
以上4点を希望しました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

自宅から1時間以内の地域で、透析を行っているすべての医療施設に加えて、今後透析の立ち上げを検討していたり、行う可能性のある医療機関を担当コンサルタントの方にリストアップしていただき、その中から働きたい医療機関を絞り込んでいきました。また、その際、医局とのつながりについても、なるべくつながりの薄いところが良かったので、一か所ずつコンサルタントの方に実際に足を運んでもらい確認をしていただきました。

その中から、4病院に絞り込みをかけました。スキルアップが望めたり、グループ病院でバックアップ体制が十分であっても、給与が希望に届かなかったり、当直があったり、逆に透析を自分で立上げから管理できたり、一長一短でしたが、当直がなく有給休暇もとりやすい今の病院への転職を決めました。

内定をいただいてから、次に課題となったのは「退局」をスムーズに行えるかでした。円満に医局を退局するための「退局活動」もコンサルタントの方に見てもらうことにしました。彼のアドバイスで、過去に同じ医局を退局した医師から退局時の情報を収集することから始めました。その際の進め方を参考にし、医局長、教授に早めに退局の意志を伝えることにしました。そして、最終的には週一回、外勤を行うことで退局が許され、無事、「円満転職」ができました。

腎臓内科・内科・神奈川県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

腎臓内科・内科・神奈川県での転職についてコンサルタントに相談する