※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

皮膚科から念願の精神科へ~40歳の研修医

40歳

前職
職務内容
外来
年収
800万円
専門
皮膚科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
京都府
現職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1,000万円
専門
精神科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
京都府

転職理由を教えていただけますか?

「人」に興味があり、精神科医を目指して医学部に入りました。後期研修後、希望した精神科病院に進みましたが、2年程勤務した頃に実家が運営する皮膚科専門クリニックで勤務しなければならなくなり、皮膚科に転科。しかし、精神科をもう一度やりたいという思いをずっと捨てきれずにいました。40歳になり、転科するなら今の年齢が最後のチャンスだろうと考え、メディウェルに登録しました。

どのような条件を希望されていましたか?

・転科医師の受け入れが可能なこと、指導体制があること
・指定医が取れること
・転居せずに通勤できること
以上3つの条件を満たす病院への転職を希望しました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

メディウェルさんに登録はしたものの、皮膚科外来の経験しかないような自分が果たして転科などできるのか、40歳の研修医など受け入れてくれる施設などないのではないかと不安で仕方ありませんでした。転職活動もきっと長くなるだろうと覚悟していました。

そんな私に、担当してくれた女性コンサルタントの方が「採用の可能性を高めるために、複数の施設に面接に行きましょう。もしもの場合に備えて、精神科以外にも皮膚科や健診の求人もご紹介します。選択肢があること、たとえ精神科でなくても内定が出ることで不安は和らぐはずです。あまりご自身を追い込まず、前向きに転職活動を進めましょう。精一杯サポートをさせていただきますから。」と話してくれ、希望に沿った求人を探してくれました。そして、自宅から30分程で通勤可能な精神科病院のうち、指定医の取得が確実で、転科や後期研修医の受け入れ実績がある施設を2つ選び、面接に行くことになりました。

面接は決まったものの、経験・スキル面で受け入れてくれるか不安は消えませんでした。しかし、コンサルタントさんが、病院に私のやる気や精神科への思いなどをしっかりと伝えてくれ、面接でもフォローをしてくれた結果、なんと両方の精神科病院から内定をいただくことができたのです。

どちらが劣るということがなく、2施設とも良い面があったため、どちらに行くか決めかねてしまったのですが、コンサルタントの方と何度もお会いし、それぞれの施設で働くメリットとデメリットを一緒に整理してもらいました。

そして、そのうちの一つA病院はアットホームな雰囲気で良かったのですが、もう一か所と比べて転科医師の受け入れ実績が少なく、院長先生の個性が強く、なんとなく自分には合わない気がしたこと。一方、もう一つのB病院は、同年代で指定医を目指す先生がいたり、会社員を経て医師になった先生など、様々な境遇の先生が多く、自分のような経歴の医師でも受け入れてもらえる印象を受けたことから、B病院に入職を決めました。自分と同じ年代で転科の先生がいたこと、研修スタイルが指導医と研修医のマンツーマンではなく、チーム制をとっていたことも決め手になったと思います。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

コンサルタントさんが、入職後に私と病院双方が困らないよう、事前に私の「できること」と「できないこと」を病院側に伝えてくれていたため、無理のない働きやすい環境で勤務できています。ありがとうございました。

精神科・京都府での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

精神科・京都府での転職についてコンサルタントに相談する