※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

PTSDからの再出発

脳神経外科、女性医師

脳神経外科、女性医師37歳

日本脳神経外科学会専門医

前職
職務内容
外来、病棟管理
年収
900万円
専門
脳神経外科
勤務形態
週4日勤務
勤務地
埼玉県
現職
職務内容
外来、病棟管理
年収
1200万円
専門
脳神経外科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
埼玉県

転職理由を教えていただけますか?

医局関連病院に勤務中に、他の先生がミスしたにも関わらず患者家族から異常とも言えるプレッシャーをかけられ、病院側から全く助けてもらえず、PTSDを患い、休職をよぎなくされました。

初期研修中、生きるか死ぬかの患者さんが、治療によって1ヵ月も経たないうちに元気になる姿を目の当たりにして、私もと目指した脳神経外科。必死で努力して専門医の資格も取得しました。まだまだオペをはじめとした色々な事をやりたい。

最初は余裕を持たせてもらいながら、しっかり指導していただける病院に転職できればと考えました。

どのような条件を希望されていましたか?

最初は、脳神経外科の急性期病院を希望しました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

PTSDの症状も落ち着いたため、紹介会社に登録し転職活動を始めました。しかし、実際に面接で色々と問われると、どんなに事前準備をしていてもしっかりとしたことが答えられず「病院側からお断り」という状況が何度か続いてしまいました。

そのうち、「脳神経外科の急性期で働く自信がない」「もうリハビリや療養型などどんな病院でも構わないのではないか」「でもやっぱり脳神経外科医として生きていきたい」など、いろんな思いが交差し、どうしていいのかわからなくなってしまいました。そんな自分にさらに落ち込み、しばらく転職活動自体を休むことにしました。

その後、1年くらい経って改めて転職活動を開始。1年前にお世話になっていたメディウェルの担当の方に「やっぱり脳神経外科をしっかりやっていきたいので、じっくり病院を探してほしい」とお願いの電話を入れました。

そして、脳神経外科のベテラン医師が揃っており、一段一段現場の感覚を掴みながら、幅広い経験を積める病院を紹介してもらいました。

近隣に関連の療養型病院が併設されていて、最初は療養型病院での勤務日数を多めにして、医者としての感覚を取り戻しながら、徐々に急性期の勤務にシフトに変えてもらえること。院長の人柄が温かく、自分の病気の事をしっかり理解してくれ、「大丈夫、しっかりフォローするから、じっくり焦らずがんばりましょう」と言ってもらえたこと。病院自体が研究所を兼ねており、院長の人脈からも最先端の医療が学べると思えたことから入職を決めました。

現職についての感想をお聞かせ下さい

入職後、院長先生そして脳外科部長の下で学びながら、少しずつ自信を取り戻し、最近ではオペ助手、1人当直など、やれる分野が増えてきました。本当に嬉しいです。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

実は最初、別の紹介会社を利用していたのですが、たくさんの求人票ばかり送られてきて「早く面接をしましょう」と促され、とまどってしまいました。状況を見かねた母(医者)がメディウェルに相談。2時間あまりコンサルタントに会ってここなら大丈夫だからと、メディウェルを使っての転職活動を後押ししてくれました。

母は「大丈夫だから会ってみなよ」と言ってくれるのですが、紹介会社にはもうこりごりで、会うのも不安でした。でも会ってみたら、じっくり自分の話を聞いてくれ、決してすぐに転職を勧めず、面接までしっかり準備したいと言ってくれたので、安心できました。

それからは長い付き合いをさせてもらいましたが、どんな時でも励ましてくれ、時には厳しさを感じる時もありましたが、本当に自分の事を考えてくれているのだな、とつくづく感じました。

いまでは、母も含め、一人の友人として連絡をとりあっています。これからもよろしくお願いします。

脳神経外科・埼玉県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

脳神経外科・埼玉県での転職についてコンサルタントに相談する