※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

診療報酬の今後を予測し、将来を選択

男性医師、内科

男性医師、内科39歳

日本プライマリ・ケア連合学会指導医ほか

前職
職務内容
外来、往診
年収
1200万円
専門
内科
勤務形態
週5.5日勤務
勤務地
北海道
現職
職務内容
外来
年収
1600万円
専門
内科 ・ 小児科
勤務形態
週5~5.5日勤務
勤務地
北海道

転職理由を教えていただけますか?

もともと地域に密着したクリニックで子どもからお年寄りまで幅広く診られる医師になりたくて、専門を選ぶ際、プライマリケアを選びました。

その後、当時の勤務先だった法人に所属し様々な医療機関への派遣を経験しました。そして医師不足の地域に派遣された際、必要な患者さんへの自宅往診の重要性を学び、自分がやりたいことは自宅往診もできる地域医療だと確信。診療所での勤務を法人にお願いしました。しかし、法人の人事異動でそれを実現することは難することを決意しました。

どのような条件を希望されていましたか?

地域密着の診療所。登録当初は、在宅の新規立上げクリニックなども視野に入れていました。また過去に診療所の管理者の経験がありマネジメントも行いたいと思っていたので院長職を考えていました。

あわせて、小さな子供がいるので今後のことを考え年収のアップも希望しました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

いくつか紹介会社に登録したところ、各社からメールや電話連絡をもらいました。

メディウェルさんからは他の会社にはなかった求人が出てきたので、この会社の人なら会ってお願いしてみようと思い、コンサルタントの方に会うことにしました。

コンサルタントの方に会って転職に至った経緯や希望を伝え、在宅の新規立上げクリニックなども視野に入れていることを告げました。すると、メディウェルさんの持っている在宅特化の院長募集の求人を見せてくれました。その上で、今年の診療報酬改定や今後の動きを説明してくれました。そして「在宅の優遇がいつまで続くかは分かりません。治療方針や体制などをきちんと見極める必要があります」と、勤務条件だけでなく各求人の運営母体の説明を詳しくしてくれました。

一方で、一般クリニックの院長職は募集自体が少なく、現職院長先生の退職見込みという条件の医療機関も選択肢に入ってくるような状況でした。しかし、「退職見込み」という、はっきりとしない状況を包み隠さず伝えてくれる姿勢に逆に信頼感が増したように思います。

この人のアドバイスなら信用できる。そう思いもらったアドバイスをもとに、どんな医療機関に転職するのがいいか、検討しました。そして、在宅特化のクリニックは候補から外し、「現職院長の退職見込み」が条件のクリニックも含め一般クリニックの院長募集の求人を検討しました。

そして、比較的新しく先生の意向で始められる部分が多いAクリニックと、創設してからの期間が長く、地域に密着しているBクリニックの面接を受けることにしました。

Aクリニックは近隣に大病院が多く、Bクリニックは同法人の協力関係がある。ともに後方支援はしっかりしています。しかし、Aクリニックは小児科の標榜が難しく院長先生の退職が不透明。Bクリニックは小児科の標榜が可能だが内視鏡のスキルが必要で休日が少ないなど、条件は一長一短。

悩みましたが、何度も担当コンサルタントの方とお会いし、今後の働き方、キャリアの積み方などを考えた上で、Bクリニックへの入職を決めました。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

当時の勤務先がメディウェルさんの札幌営業所と近く、電話する感覚で、コンサルタントの方とお会いし、希望を確認したり、不安をぶつけたり、気が付くと12時近くまで話し込んでいたこともありました。

登録当初は紹介会社を使った初めての転職で、転職や人材紹介会社に対して不安感があったのですが、何度も会ううちに不安が消えていたように思います。

内科・小児科・北海道での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

内科・小児科・北海道での転職についてコンサルタントに相談する