※実際にメディウェルで転職をされた先生の体験談を
もとに匿名性を担保するため再編集をしております。

「問題」から「希望」を絞り込む

循環器内科、

循環器内科、47歳

取得資格は、日本内科学会指導医、日本医師会認定産業医、日本循環器学会専門医ほか

前職
職務内容
外来、病棟管理、カテーテル治療
年収
1500万円
専門
循環器科
勤務形態
週5日勤務+当直4回/月
勤務地
神奈川県
現職
職務内容
在宅診療
年収
1800万円
専門
在宅診療
勤務形態
週4日勤務
勤務地
神奈川県

転職理由を教えていただけますか?

大学医局に属しており、医局のローテーションで各病院に勤務していましたが、年齢的にも当直が厳しくなり、また家族との時間を取りたいと考えました。

どのような条件を希望されていましたか?

当初は、循環器内科医としてのスペシャリティを活かしていきたいと考えていましたが、今現在何を優先すべきなのかをコンサルタントの方に話す中で、優先順位が「①勤務内容②家族との時間③給与」から、「①家族との時間②給与③勤務内容」へと変化していきました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

年度が変わる4月から新しい所で働きたくて、年末にメディウェルさんはじめ複数の紹介会社に登録しました。

希望条件の所でも書きましたが、当初は循環器内科医の専門性を活かした働き方を希望していました。しかしそれだとどうしても勤務時間が長く当直アリになってしまう。悩みましたが、メディウェルのコンサルタントさんにも相談にのってもらいながら、「家族との時間を作って欲しい」という妻の希望を叶えるため、心臓カテーテルに拘らず、興味のあった在宅に方向転換し、応募先を探してもらいました。

メディウェルさんからは居宅の往診が中心の在宅診療クリニックを、また他の紹介会社さんからは施設の往診が中心の在宅診療クリニックを紹介してもらいました。どちらも同じ在宅。給与や他の勤務条件を比べて決めようと思いました。

しかし、メディウェルの方から今後の医療業界に求められる役割や居宅中心の重要性を聞き、条件だけでなく将来性も含めて選ぶことにしました。

もう一方の紹介会社の方にもなぜ居宅ではなく施設中心のクリニックをすすめるのか尋ねましたが望むような答えはなく、他の条件も含め将来性を検討した結果、やはりメディウェルさんが紹介してくれた居宅中心の在宅クリニックに転職しようと決めました。

施設で一緒に働くスタッフの方たちと話せたことや、自分に求められている役割について説明をいただけたことも、ここなら大丈夫だと入職を決める後押しになったと思います。

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

妻の意見を尊重し、妻にもわかるような資料を作成してくれたのは助かりました。

在宅診療・神奈川県での転職をご検討中の先生へ

科目や地域によって募集の背景や医療機関のニーズは異なります。
事前に各科目・地域ごとの転職のポイントをチェックしておきましょう。

また、メディウェルには、それぞれの科目・地域に詳しいコンサルタントが在籍しています。最近の転職の動向や医療機関の状況など、詳細を知りたい方は、是非コンサルタントまでご相談くださいませ。

在宅診療・神奈川県での転職についてコンサルタントに相談する