サイト内の現在位置

京都府の求人検索結果(医師週1~3日)

京都府では非常勤医師も多く活躍しています。現員医師のうち約15%は非常勤医師です。医師求人理由としても「正規雇用が望ましい」という項目では全国平均の8.4%を下回り、6.8%となっていることから、非常勤医師のニーズは高いということが言えます。京都府は東京に次いで出生率が低い県です。若者の入れ替わりが・・・(続きを読む)
京都府では非常勤医師も多く活躍しています。現員医師のうち約15%は非常勤医師です。医師求人理由としても「正規雇用が望ましい」という項目では全国平均の8.4%を下回り、6.8%となっていることから、非常勤医師のニーズは高いということが言えます。京都府は東京に次いで出生率が低い県です。若者の入れ替わりが多い地域ですが、高齢者はますます増えていくことが予想されており、若手の医師にとどまらず医師の需要は高いと言えるでしょう。(閉じる)

現在の検索条件

勤務地:京都府
  • 常勤(週4日以上)求人を探す
  • 週1〜3日求人を探す
通勤時間で絞り込む
から
分以内の求人

フリーワード

通勤時間で絞り込む
から
分以内の求人

フリーワード

50件の医療機関の中から1~30件を表示(そのほか非公開求人もございます)

求人が見つかりません。

50件の医療機関の中から>1~30件を表示(そのほか非公開求人もございます)

京都府の非常勤医師勤務形態

京都府は患者数が非常に多く、日中の医師が足りていない現状です。そのため非常勤医師勤務形態は、日勤(終日・午前診・午後診)の募集が多くなっています。他にも隔週勤務、土曜日のみ勤務などの勤務日数を相談で決めるという施設も多くみられます。募集はクリニックから大規模病院まであるため、非常勤としてゆっくり働きたいという医師、多くの疾病に関わりたいという医師の両方ともに最適な転職先が見つかりやすいでしょう。当直勤務も大規模病院から50床未満の施設など様々な形態で募集があります。

京都府の非常勤医師平均給料

当直勤務の場合は、平均して5万~6万となっています。日勤の場合は時給1万円~というところが多いようです。祝日手当などがついている施設もあります。医師確保困難地域においては、役職手当や通勤手当の他、住宅補助などの高待遇で受け入れ態勢を整えている施設もあり、転職しやすい環境だと言えます。また、女性医師の支援にも積極的です。短時間勤務を取り入れ、宿日直免除の制度を導入している施設もあります。病院内に、マザーズスクエア(子育て支援センター)を取り入れている施設もあり、院内保育、病児保育はもちろんのこと、子供もつ女性医師にとって勤務の継続・復職しやすい環境が整っています。

医療資源・機能充実のために病院連携機能を強化

京都府では、京都市をはじめとした都心部に医療施設や医師が集中していることから、中丹、丹後医療圏では「地域医療再生計画」を実施しています。病院間の連携の強化をはかることによって、病院の機能を高めるとともに医療の充実化を目指しています。京都では、「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」「糖尿病」の4つの疾患別に医療連携体制図を作るなど、医療体制の構築を積極的に行っているのが特徴です。