資格図鑑特集

専門医や指導医を目指して転職を検討している医師や他科から転科を検討している医師に、各学会の取得条件や更新期間についての情報を提供します。メディウェルでは、これらの情報をもとに、各学会の専門医や指導医を取得するための転職支援や、専門医や指導医を活かす転職支援を行っております。

日本皮膚科学会認定資格

日本皮膚科学会では以下の専門医、指導医の認定を行っています。
取得条件や更新期間について、ご確認することができます。
詳細については各学会のホームぺージをご覧下さい。

資格名
皮膚科専門医(5,439 名)
学会名
日本皮膚科学会(11201名)
資格の取得について
専門医認定試験の申請に要する申請書類は,次のとおりとする。
1.専門医認定試験受験申請書(様式1)(略)
2.医師免許証(写)
3.研修終了証明書(様式2)(略)
4.前実績記録簿
 (1)本会の主催する講習会への参加
 (2)学術集会における学術発表
 (3)皮膚科および皮膚科関連専門誌への原著論文の発表
<前実績の単位>
各前実績に,次のように単位を配分する。専門医認定に要する前実績の総単位数を150単位とする。
1.講習会参加は,1回につき10単位とし,80単位を超えて加算することはできない.また,必須と指定された講習会には,規定に従って参加しなければならない。
2.学会発表は,1回につき5単位とし,申請者が自分で口演したものに限る。
3.原著論文発表は,1篇につき10単位とし,申請者が筆頭著者または単独著者であるものに限り,また,計30単位以上なければならない。
(専門医認定の書類審査と試験)
専門医認定の書類審査と試験は,年1回行う.本会は,専門医認定申請の受付期間および試験の期日と場所を,試験の6カ月前までに日本皮膚科学会雑誌(以下「日皮会誌」という)に告示する。
更新について
専門医資格更新の申請に要する申請書類は,次のとおりとする。
1.専門医資格更新申請書
2.後実績記載表(研修集会出席,学会発表・講演,論文,著書)
後実績は,次の各号から成る
(1)研修集会(学術集会,講習会,シンポジウム,セミナーなど)への出席
(2)研修集会における学術発表
(3)学術論文の発表
(4)著書(共著を含む)の発表
後実績の単位・・・専門医資格更新に要する後実績の総単位数を100単位とする。但し,申請時,当該年度中に満58歳以上に達するものに限り80単位とする。
1・1.本会主催の年次学術大会出席は1回につき20単位,生涯教育シンポジウム出席は,1回につき10単位とする。
1・2.研修集会出席並びに業績発表に伴う単位は,別表に定める。
1・3.本会の地区地方会出席は,1回につき6単位とし,上限はない.準地方会は1回6単位,年間3回を限度とする。
1・4.日本研究皮膚科学会,日本臨床皮膚科医会,日本小児皮膚科学会出席は,それぞれ1回につき10単位とする。これらの支部大会,セミナーは1回につき3単位とする。
1・5.本会以外の団体が行う学術集会(国際学会)出席については,その主催者または出席者が専門医制度資格認定委員会に申請し,専門医制度資格認定委員会は,その単位数を決定して回答する。
2.研修集会(別表)における発表は,1回につき5単位とし,申請者が自分で口演したものに限る。
3.学術論文および著書の発表は,1篇につき10単位とする.但し,学術論文および著書については,申請者が筆頭著者であるものに限る。

※この情報は、2009年3月1日確認で日本皮膚科学会のホームページの情報を参考にして掲載をしております。

さまざまな事情でご紹介できない求人がございます。まずはご相談ください!