失敗の法則!あなたはどっち?

失敗の法則その1 事前確認不足・・・待遇・評価編

1.高年収にひかれて転職。思っていたより職務が過酷で、半年で退職。

 

46%
200票

2.評価の仕組みについて確認せずに就職。納得できない評価制度のため1年で退職。

 

54%
238票


失敗しないコツは?

1.事前に具体的な勤務イメージをつけておきましょう。

業務の進め方や同僚、コメディカルの仕事は、医療機関によって様々です。
今までのやり方が当たり前と思うと、痛い目に合うかもしれません。
事前に面接・見学の場において、確認しておいた方が良いでしょう。

失敗しないポイント

1) 1日のスケジュールをイメージをつける

・業務がどう進んでいくか、
・同僚、コメディカルとのコミュニケーション、
・ミーティングの時間など、
1日もしくは1週間の仕事のイメージがつくと、入職してからの誤差が少なくなります。

2) 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

今まで経験のある業務内容のことなので、知っている事として対処しがちです。
しかし、業務内容は、病院によって違うものです。
聞いて悪く思う求人先も少なく、むしろ、熱心と思われることの方が多いので、積極的にヒアリングしましょう。

2.事前に評価制度について確認しましょう。

近年、医療機関の経営が厳しくなるにつれ、医師に対しても評価制度が導入されるケースが増えてきております。
長く務めるには、医療機関の評価の考え方は非常に重要なポイントです。
事前に確認するようにしましょう。

失敗しないポイント

1) 評価制度の有無や内容は事前に確認

・評価制度の有無
・有る場合は、内容はどのようなものか
・無い場合は、どのように昇給になるのか
事前に確認しましょう。

2) 評価制度の内容の良し悪しについても確認

評価制度の良し悪しを判断するのは非常に難しいところがあります。
また、人それぞれ価値観によっても良し悪しは異なります。
長く働く上では、大きなポイントになりますので、確認するようにしましょう。