産業医の報酬はいくらか

産業医とは企業に勤めている労働者の健康管理等を行うことを主な仕事とする医師であり、労働安全衛生法により、すべての業種において常に50人以上が勤務する職場には必ず1人以上の産業医を選任しなければならないことになっています。また、常時1000人を超える労働者が勤務する職場や有害業務に500名以上の労働者が従事する職場には専属の産業医を選任しなければならないことになっています。

産業医の主な仕事は職場を巡回し、作業環境による健康リスクの評価を行い、評価が低い場合は指導や勧告を行います。また、県境教育や労働衛生教育、衛生委員会へ参加し、労働者の健康に関する審議を行い職場の安全衛生体制を構築します。

その他、健康診断と診断結果に基づいた生活習慣の改善指導などです。このような仕事を行う産業医の報酬は従業員50人~100人で月報酬は大体6万円、500人~700人で月報酬は大体4万円くらいになっています。しかし産業医の報酬はこれだけではありません。巡回訪問日には1日につき6万円、有害物質圧害事業場については8万円ほどが付加されます。産業医はおもに医師会に依頼して派遣してもらうケースが多いようですが、医師会契約ですとどの先生が来るのかわからない、費用が割高になる、解約したいと思っても解約しづらいなどのデメリットもあります。

その点、事業場の近所で開業している医師に依頼すると、緊急時にすぐ来てもらえたり、気軽に相談することができるというメリットがあります。その他にも、健康診断を依頼している実施期間から派遣してもらうというケースもあります。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

xf0635025537o
民間病院と公立病院で医師の年収はどう違う?開設者別病院比較
病院の経営母体には様々な種類がある  日本では約20万人の医師が給料を貰う勤務医として勤務しており、その大半が病院で働いています。しかし、一口に病院といっても、実態は様々です。そのため、どういう病院種...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む
JU123_72A
医師の転勤や転職と住宅ローンの要件について
住宅ローンを借りる要件 国土交通省住宅局が平成25年3月に公開した「平成24年度・民間住宅ローンの実態に関する調査・結果報告書」による「住宅ローンを供給している民間金融機関が融資を行う際に考慮する項目...すべて読む

75記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。