医師の給料の具体例と実態

国立大学の場合、医学部の教授も文学部の教授も給料は全国同じです。40代の国立大医学部教授は年収820~950万円程度ですので、大学病院の教授以外の医師の給料はそれ以下です。

週に1~2回しか大学に行かず、毎年同じ内容の講義を繰り返している文学部の教授も、世界的に貢献している医学部の教授も給料は同じなのです。この場合、もし文学部の教授の方が教授になった年齢が早ければ、文学部の教授の方が給料は高くなります。

医学部は特殊なので医師の給料が高いというのは間違いです。給料は国によって決められており、学部での差はありません。基本的には、私立でも医学部の教員の給料が他の学部より高いということはないのです。

国立病院の研修医後の医師の給料は経験年数によって異なりますが、600~1200万円程度です。県立病院の方が給料はやや高く、さらに市民病院の方が高くなります。民間病院になるとさらに高くなり、1200~1800万円程度が多いです。

地域医療の中枢ともいえる国公立病院の医師の給料は、同年代の銀行、商社、保険会社の会社員より安いという状況にもなります。そのため、最近では国公立病院の医師が辞めて、自ら開業するというケースも珍しくありません。

開業医の場合、順調に業績を伸ばすと年収2000~3000万円程になりますが、ゼロから開業となると膨大な資金が必要となり、それだけ稼いでも手元に残るのはその半分くらいと言えます。そのため、開業後しばらくの間は借入金の返済に追われる日々を送ることになります。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。