眼科医の年収は

医師の中でも眼科医の一般的な年収はいくらなのでしょうか。一般の人から見ると眼科医は開業医でもない限り外科の医師よりも下のようなイメージがありますが医師全体の平均年収が1,144万円。それに対し眼科医は病院にもよりますが1,000万円~1,800万円と言われ、さらにコンタクト扱う専門医になると2,000万円前後の年収になる場合もあります。

眼科医は他の医師に比べ拘束時間を考えると比較的高収入だといわれていますし、実際の数字を見てもそうだといえます。また最近ではレーシック手術のようなさらに専門的な技術を持っている眼科医は3,000万円以上もの高額な年収を得ることが可能です。

しかし高額な年収ではありますが今現在医療現場では医師が不足しており、それは眼科医も同じで常に求人を出している病院も少なくはありません。

眼科医として務めているかたは今自分の年収が平均より高いのか低いのか、また今後年収が増えていくのかによって転職を考える方もいるかとは思います。医師不足で求人が多いならばそれを調べるのも情報や選択肢も多いのでインターネットなどで一度検討してみてはどうでしょうか?

最近ではインターネットの求人情報を見るだけではなく、自分の希望を詳細に記入し検索でき、さらには自分担当のコンサルタントまでが付いてアドバイスや求人を紹介してくれるサービスまであります。

眼科医は一歩間違えれば患者を失明させてしまったり、その人の人生を変えてしまったりする可能性がある失敗の許されない仕事内容です。実際それで訴えられてしまう医師も多くいます。しかしその分高額な年収をもらえ、人々の役に立つ仕事ができます。自分の理想に近づくためにもぜひ参考にしてください。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

xf0635025537o
民間病院と公立病院で医師の年収はどう違う?開設者別病院比較
病院の経営母体には様々な種類がある  日本では約20万人の医師が給料を貰う勤務医として勤務しており、その大半が病院で働いています。しかし、一口に病院といっても、実態は様々です。そのため、どういう病院種...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む
JU123_72A
医師の転勤や転職と住宅ローンの要件について
住宅ローンを借りる要件 国土交通省住宅局が平成25年3月に公開した「平成24年度・民間住宅ローンの実態に関する調査・結果報告書」による「住宅ローンを供給している民間金融機関が融資を行う際に考慮する項目...すべて読む

75記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。