形成外科医の年収

熱傷の傷跡や先天的・後天的身体の奇形など、傷跡や身体の形を元通りに近づける治療をする形成外科医は、病気そのものを治療するその他の診療科目に比べて患者数が少ないにもかかわらず、その需要は高いのが特徴です。

一般的な形成外科医の年収をみてみると、市中病院勤務医の場合、平均で1500万円から2200万円と言われており、他の診療科目の医師と変わりありません。なぜなら、市中病院に勤務している場合は、一般のサラリーマンと同じ月給制度をとっている病院がほとんどですので、どの科目でも収入にはさほど差が出ないのです。

では、開業医としての形成外科医の年収はどうでしょう。勤務医の場合にはさほど年収に差がなかったものの、開業となると話は変わってきます。実際に形成外科のクリニックを開業しようと考えた場合、形成外科単独では経営が成り立たないのが現実です。また、内科などと違い高額な医療機器も必要となってきますので、安定した病院経営はますます難しいといえます。

ですので、最近では、保険診療ではない自由診療の美容形成外科や皮膚科と形成外科を併設しているようなクリニックが増えてきています。そのため、形成外科医が働く場が増え、さらに美容整形や皮膚科を含めた形成外科となれば集客の幅が大きく広がるので、そういった医療機関に勤めた場合は、形成外科医の年収もグッとアップします。また、日給が8万円~10万円と高額のため、月収250万円、形成外科医としては高額な3000万円の年収も望めますので、フリーランスで働く形成外科医の方も大勢いらっしゃいます。

メディウェルの専門コンサルタントに求人探しを頼んでみませんか?
転職は人生の分岐点のなかでも非常に重要で、間違いたくない、失敗したくないと誰もが思うことであると思います。
納得の選択にいたるまでのプロセスもスケジュールも、先生によってそれぞれ異なりますから、私たちはひとりひとりのペースに合わせて行動致します。
残念ながら、全てが満たされる転職はそう多くはございません。また、一見、好条件の求人も「内実」や「理由」も含めて「納得」できる条件かというと、そうでないことがしばしばございます。
個人ではなかなか確認や交渉がしづらいことだからこそ、私たちコンサルタントが間に立ち、希望条件の交渉を代行し先生の働きやすい環境作りのサポートをいたします。

医療機関に特化した経営コンサルティング会社が母体のメディウェルのコンサルタントだからこそ最新の医療行政のトレンドを踏まえた経営的視点から、先生個人の”価値”を正確に医療機関にお伝えし、それをもとに先生のご希望される年収や勤務条件を交渉いたします。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。