公立病院の医師の年収はいくらなの?

公立病院とは、地方の公共団体が制度に従い作り上げて資金を出し、上手く機能するようにしています。基本的な規則としては、地域の住民の医療を負担する目的で運用を開始されてします。そのため、その地域に住んでいる人や働いている人が多く公立病院を利用します。その地域に住んでいない人も利用は出来ます。

特徴としては、自治体の他の事業と同様で、病院の予算や決算は議会からの承認が必要となります。その議会も条例を基礎にして行われます。そして、施設の開設者の最高の責任者は首長となり、管理や運営の責任者は施設長となる場合が多いようです。他にも自治体が直接運営する病院の医師や看護師又は薬剤師は地方公務員となります。医師という職業は国家試験を受けなかった研修医の平均の年収だと300万円~400万円くらいと言われています。今までの研修医は給料をもらう事がない無給に近い状態でした。これくらいの収入が得られるようになったのは臨床研修の制度が大きく変わった事により無給状態から変化していきました。

研修医の時の収入の差はなくその差が出てくるのは、研修医終了後の医師として進む道によって、一生涯の収入が決まります。医師として進む道の選択一つ目は国立・公立病院に勤務で二つ目の選択は私立病院に勤務です。国立・公立病院に勤務の場合医師の年収の平均は20代後半の医師で300万円台、30代前半の医師で600万円台くらいです。

講師になると平均700万円台で助教授の平均は800万円台、教授になるとさらに上がり1,000万円前後になります。キャリアを積めば積むほど公立病院の医師の収入も上がるという事です。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

JU018_72A
人間関係や休みの有無、収入などで不満を持っている勤務医の方へ
より良い職場へ 今の職場から転職を考える際、今勤務している病院から、より条件の良い病院に転職するために役立つ情報を得る必要があります。 今の職場での人間関係、休みの有無、収入などで不満をお持ちではない...すべて読む
JU078_72A
転職時に医師が行う源泉徴収の対応
源泉徴収とは 源泉徴収とは、給与や賃金 を支払う側が、従業員に給与等を支払う際に支払金額からあらかじめ所得税などを差し引いておく制度を指します。 そして通常の場合は勤務先にて「年末調整」を行います。こ...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む

86記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。