整形外科の年収

整形外科医の場合、平均年収は高額で1000万円以上と言われます。役割と労働条件の厳しさ、控訴リスクや患者からのクレームなど、医師として受ける様々な環境があるため、好待遇かどうかは各人によって異なるでしょう。開業医は2000~3000万以上の年収も期待できますが、開業資金と経営力を考えるとリスクもあります。開業前の準備は念入りに行わないといけません。

一般的に収入は都市部に行くほど年収が下がり、地方に行くほど上がる傾向にあります。
地方の医師不足が深刻化していて、報酬を上げることにより多くの医師獲得を目指していると考えられます。そして、高齢化という点では、整形外科では高齢者のリハビリテーションが増えているため平均年収も高くなっています。一般的に大学病院よりは、一般病院の勤務の方が年収は高いようです。

身内などに整形外科の開業医がいればいいのですが、専門外の経営を一から始めることは金銭感覚と言う点においても医師にとっては大変なことです。思わぬ資金不足を招いてしまうかもしれません。まずは他の医院で勉強してみるということもお勧めします。
勤務医の場合、診療科によって収入に差があります。主に控訴率の高い外科、小児科、産婦人科は特に医師が不足していて高収入が期待できます。

また、産業医などは企業の給与規定に沿うことになり、初めは年収が低くなりがちですが、時間に余裕があるためアルバイトも可能です。
転職やアルバイトをお考えの場合は、時間や労力という点からも医療専門の求人サイトを介して行うのがお勧めです。確認しづらいような労働条件も、これらのサービスでは専任コンサルタントが、ご自身にかわって交渉してくれます。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

xf0635025537o
民間病院と公立病院で医師の年収はどう違う?開設者別病院比較
病院の経営母体には様々な種類がある  日本では約20万人の医師が給料を貰う勤務医として勤務しており、その大半が病院で働いています。しかし、一口に病院といっても、実態は様々です。そのため、どういう病院種...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む
JU123_72A
医師の転勤や転職と住宅ローンの要件について
住宅ローンを借りる要件 国土交通省住宅局が平成25年3月に公開した「平成24年度・民間住宅ローンの実態に関する調査・結果報告書」による「住宅ローンを供給している民間金融機関が融資を行う際に考慮する項目...すべて読む

75記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。