麻酔医の年収

麻酔医の年収についてご存知ですか。他の科の医師と同じように勤務医であれば、麻酔医の年収も変わりありません。
経験豊富なフリーの麻酔医の場合、その年収は、アルバイト感覚で週2~3日働くだけなのか、毎日様々な病院で働くのかなど、勤務状況によって変わります。また、報酬も医療機関によって異なります。そのため報酬が良いところだけを選択して働き続ければ相当な額の年収となるでしょう。

勤務時間に関しても医療機関によって異なりますが、救急患者を受け入れるような大きな病院であれば、土日や夜中の緊急手術に呼び出されることも少なくありません。他の科と同じように麻酔科も忙しいのです。ただし、フリーの麻酔医は経験豊富と言っても所詮はアルバイトです。何らかの事情で働くことができなくなると収入は無くなってしまいます。

さらにいうと、麻酔科標榜医を取得するだけでは、フリーの麻酔医として働くことは非常に難しいと考えられます。それは、医療機関側では専門医以上の資格を持っている医師を募集するケースが多いからです。

これらを考えると勤務医としてどこかの医療機関に属していた方が安定した収入を得ることができると言えるでしょう。医療機関には様々な科がありますが、その中で麻酔科の良いところは、仕事において働いている時間と拘束されていない時間がきちんとしているところが、他の科と比較して多いところです。また、専門的な技術を習得するまでの期間が比較的早いというところも良い点といえます。

このようなこともあり、麻酔科を志望する医師は増加の傾向にあります。

医師の年収・収入について」の他の記事を読む

xf0635025537o
民間病院と公立病院で医師の年収はどう違う?開設者別病院比較
病院の経営母体には様々な種類がある  日本では約20万人の医師が給料を貰う勤務医として勤務しており、その大半が病院で働いています。しかし、一口に病院といっても、実態は様々です。そのため、どういう病院種...すべて読む
af0100000795l
医師が開業前に税金他諸々の事務を学ぶには
勤務医からいきなり開業医は負担が大きい 勤務医として長くキャリアを積んできた医師にとっては、税金とは「勤務先で源泉徴収され年末調整で戻る」「消費税がアップして困る」程度の認識と思います。しかし勤務医の...すべて読む
JU123_72A
医師の転勤や転職と住宅ローンの要件について
住宅ローンを借りる要件 国土交通省住宅局が平成25年3月に公開した「平成24年度・民間住宅ローンの実態に関する調査・結果報告書」による「住宅ローンを供給している民間金融機関が融資を行う際に考慮する項目...すべて読む

75記事の「 医師の年収・収入について 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。