産婦人科医になるには

産婦人科医になるには、まずは大学の医学部に入らなければ何も始まりません。医学部を卒業後、医師国家試験に合格し、晴れて医師として活動することができるようになります。

2年間はいろいろな診療科目を経験するため、卒後研修が設けられています。よく研修医という名を聞きますが、まさに卒後研修時期の新米医師のことをいいます。その研修を経た後の科目選択時に産婦人科を選択することで、ようやく初めて産婦人科医として働くことができるのですが、ここまでスムーズにいったとしても、最低8年は掛かるということになります。

就職先としては、まずは大学病院など大きい病院を選ぶ人がほとんどです。経験を積むという意味では、1番適しているかもしれません。ただその前に、まずは病院に勤めるための面接や試験などに合格することが第一歩です。

そのひとつとして、ほとんどの産婦人科医の方々は、日本産婦人科学会で設けている「専門医」の資格を取得しています。この資格を取得するためには、まず日本産科婦人科学会が指定する病院で3年以上(初期研修を含めると5年以上)研修すること、学会で実施している試験に合格することが条件です。

個人で運営している産婦人科の看板にも、医師の名前の横に「産婦人科専門医」という称号が書かれているはずです。これは試験に合格し、学会から専門医として認められたという証拠でもあります。確実に今後、産婦人科医として働いていきたい…と考えるのであれば、取得しておきたい資格ですね。

このように、産婦人科専門医として名乗れるようになるまでには、大学入学から換算すると最低でも13年は掛かることになります。医師への道は決して生ヌルいものではない…ということが分かりますね。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。