健診の求人について

健康診断とひと口に言っても、一般健診からそれに付加する形での成人病検診、乳がん・子宮頸がん検診、肝炎ウイルス検診など、検診の内容は様々です。

検診医には企業が行う集団定期健診のほか、自治体が行う健診、個人健診も含めると、ひとつの地域に絞ったとしても毎日のように検診が行われていますので、仕事には事欠きません。そして、どの検診も病院やクリニックが請け負いますが、企業などへの出張健診の場合、その業務は病院の常勤スタッフが行うことはなく、スポット的に医師に委託しているケースがほとんどです。出張健診の求人をみてみると、最低でも時給1万円、マンモグラフィーによる子宮がん検診を行う健診の場合には、日給10万円超という求人もありますので、専門機器の操作ができる方は有利でしょう。

また、大きな病院や人間ドックなどを専門にしているクリニックでも、常に健診医が不足傾向にあるので、思っている以上の好条件で働くことも可能です。

例えば病床数が200ほどの病院の場合、健診と人間ドック専門で仕事をしたとしても、1000万~2000万円くらいの年収が見込まれますし、1日40~50人ほどのお客様を受け入れている健診専門クリニックでも年収1000万円を超える求人がたくさんあります。最近は医療過誤による訴訟も多く、医療現場に立つのを避けたというお医者様も大勢いらっしゃいます。

健康ブームが続く今、医師は病気の治療に限らず、健康診断や人間ドック専門で仕事をしても充分に収入を得ることができるのです。また、勤務医をする傍ら、休みの日に健診医として活躍されているお医者様もいらっしゃいます。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。