形成外科の専門医とは?

形成外科は、傷など体の浅い部分の怪我の治療を行います。擦り傷や切り傷又は火傷やしもやけ他にも顔の骨折や交通事故により皮膚がはがれてしまった場合も治します。
また、過去の怪我の傷跡や傷跡が盛り上がった状態のものや顔の骨折し顔にゆがみがある人も形成外科の治療範囲です。

患者さんの見た目も出来る限り良くしようと考え、手術後の傷跡も出来る限り目立たないようにする事を考えています。
傷跡を治すだけでなく、皮膚に出来た良性又は悪性の腫瘍を出来る限り機能や形態を傷つけないように治すのも形成外科です。また、形成外科の手術で失われた組織のみを作るだけではなく、他の科で手術を行いその手術後に失われた組織を作り出す事も出来ます。

例えば乳がんの際に乳房を切除する手術を行った患者さんに新しく乳房を作る事も可能なのです。
他にも生まれつき耳や口や鼻やまぶた他にもへそや性器や手指などさまざまな体の表面の病気や赤痣や青痣などの治療も行っています。美容外科でも行う病院もあるのですが基本は美容外科は行いません。
しかし、美容手術に行った後の後遺症に対しては治療を行っているのも形成外科です。

日本では形成外科が国民の健康と、そして福祉に役立つため医学の進歩や発展とその水準の向上を目指すために、必要な能力を十分持つ形成外科医を育成する目的で専門医制度を平成25年の3月に制定しました。専門医として認定をしてもらうためには,学会の正会員の中から医師の人が学会の定めた施設で決められた修練を行います。

形成外科に必要な知識と技能に優れている人を審査して学会専門医として認定します。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。