産婦人科での医師の募集

近年、様々な場所で医師不足が問われており、医師の過剰労働や過労死、また過労による医療ミスなどの問題につながっています。
その中で、産婦人科もかなり深刻な医師不足な診療科の一つです。

産婦人科というのは、妊婦さんがいつ産気づくかわからないので完全な24時間態勢です。さらに、分娩時に予想外の事態おこりやすく医療事故につながりやすいという問題もあります。これらを理由に、若い医師があまり産婦人科医になることを希望せず、医師不足が深刻化しています。また、医師不足が医療現場の労働条件をさらに厳しいものにしているので、産婦人科の医師の募集数は、応募数よりも上回っているのが現状です。そのため、病院では、産婦人科医の給料を高めに設定して募集を行ったりしています。

しかし、未だ解決されない深刻な医師不足問題があり、募集をかける病院の側では労働条件の改善などにも努めており、先程も述べましたが給与も全体的に高めに設定されるようになっています。さらに女性が働きやすい環境を整えたり、支援するような病院も現れています。

一方で、産婦人科の中でも不妊治療や女性外来のみの婦人科では求人が出るとすぐに充足するようです。産婦人科というのは、これから生まれてくる命を取り扱うというすばらしい職場です。また、生まれてきたばかりの赤ちゃんというのは大変愛くるしいものです。

これから生まれてくる赤ちゃんたちのためにも、また妊娠される新しいお母さんたちのためにも、産婦人科医の医療現場では医師不足の問題や労働条件の問題の改善にむけ最善を尽くしていってほしいと思います。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。