子育てと仕事を上手く両立させている女医の例

女医は結婚すると、出産、子育ての問題が出てきますがどのように両立しているのでしょう。実際、働き方は様々です。
子育てや家事などは、自分かご主人のご両親と同居してやってもらい、自分はバリバリ働く。親に頼れない場合は、子供を保育園などに預け、その間パートとして働く。または、お金で済むのならと割り切って、ベビーシッターやお手伝いさんを雇って働く。理解ある病院を探して9時から5時の常勤として働く。など、働き方はいろいろですが、女医が結婚生活、子育てと仕事を両立するのは非常に大変なことです。

特に大きな病院でバリバリに働くことを選ぶと、子育てが難しい状態になってしまいます。それでも大きな病院で働くことを選ぶのであれば、やはり自分の母親に協力してもらうのが一番でしょう。

しかしアルバイトならそれほど大変ではありません。また、自分ができる範囲で、その時々の生活スタイルに合った仕事をするようにしていけば、女医でも仕事と子育てを両立させることができます。ところで一番の問題点は、そもそも結婚相手を見つけることが中々できないということです。

基本的に医師という職業柄、忙しすぎて男性とお付き合いをする時間さえ取れないのが現実です。たとえお付き合いをする時間が取れたとしても、女性が医師として働き続けることに理解を示してくれる男性が少ないのです。そのため、医師同士で結婚するとお互いの仕事が分かっているため、女医として働き続けても、子育てと仕事を両立できるようです。夫婦とも同じ病院に勤務している人もいれば、夫婦で開業している人もいます。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。