子育てをする女性の医師の復職支援の現状

女性医師は男性医師と比べると休職率が高いです。理由は女性医師の結婚、出産、子育てによります。しかし最近では女性医師の必要性が求められるようになり、女性の医師の復職支援の声が高まっています。女性医師はいったん休職すると復帰するために相当の労力が必要になります。

生まれたばかりの赤ちゃんはとても可愛らしく、母親としては子供と離れられず復帰を迷うようになってしまいます。しかし職場復帰にはタイミングがあり、それを逃して復帰しないとせっかく得た技術や知識をうもれさせることになります。
我が子と離れるのはつらいことですが、目先のことにとらわれないようにして下さい。長期的な計画で自分のキャリアを生かすことを考えることもまた必要といえるでしょう。全国では多くの子育て中の女性の医師が様々な復職支援を受けて活躍しています。
学会では、最新の情報を得たり、様々な症例についての勉強をすることができます。学会への参加は貴重な体験になりますので、ぜひ積極的に参加するべきです。

また、学会に参加する時は託児所を活用します。最近の学会は、子連れの参加者のために託児所を設けたり、学会周辺の託児施設を紹介することが多くなっています。せっかくの学会側の配慮も、利用者が少なく実績が増えないと、運営予算などに関わってくるため、託児所の設置を行わなくなってしまいます。さらに、ベビーシッターなどの保育サービスを利用するという方法もあります。

子育てをしながら働く女性にとって最も重要なことは、仕事と子育てを自分一人で抱え込まないことです。家族や託児所、ベビーシッターなどの協力を得るようにしましょう。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。