フリーで働く麻酔科医

ほかの診療科目の医師と比較して、麻酔科医は少し特殊な環境に置かれやすい傾向があるといえます。
というのもほかの医師は、患者に直接治療を行うことが多いです。
ところが、麻酔科医の場合、患者との接点も少なく直接治療をすることも少ないです。

しかも、他の医師との間に、えてして上下関係ができてしまうことがあります。
外科医の中には、麻酔科医を「使っている」という認識を持っている人も少なくありません。
このため麻酔科医の中には、自分の存在意義を見出すことができないでいる人もいます。

病院の中に在籍をしていると、上で紹介したようなジレンマを抱えてしまう傾向があります。
そこで最近注目されている麻酔科医の仕事の仕方として、フリーランスで働くというスタイルがあります。

現在では麻酔科医のエージェントも出てきています。このエージェントに登録をすれば、仕事のコーディネートを受けることも可能です。
フリーランスの場合、何よりも自分の働きたいように仕事ができます。そこに意義を見出して、フリーとして活動をしている麻酔科医の方も少なくありません。

またもう一つ、フリーの麻酔科医には魅力的なことがあります。それは給料です。
フリーランスで活動している麻酔科医の中には、年収が3000~4000万円程度を稼いでいる人もいます。
もちろん能力や実績がないといけませんが、これだけの給料を病院にいて稼げる人は果たしてどのくらいいるでしょうか?

そう考えてみると、非常に夢のある仕事のスタイルといえるのではないでしょうか?
勤務医に限界を感じている麻酔科医がいれば、フリーランスというスタイルがあることも頭の中に入れておきましょう。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。