勤務医と激務と健康

医師というのは、常に患者の容体の急変に対処する必要があります。また、救急病院になると、24時間急患の受付を行わないといけません。
そうすると夜勤などを担当することもあって、休む暇がなくなる可能性があります。
実際、勤務医の間では、激務のせいで自分の健康に不安を抱いている人もいるといいます。

実は週に60時間を超える勤務時間になると、過労死の危険性が高まるといわれています。この60時間というボーダーラインを超えている医師は全体の4割近くに達するといわれています。
ちなみに労働政策研究・研修機構というところが調査したデータによると1週間当たりの医師の平均勤務時間は53.2時間となっています。
60時間のボーダーぎりぎりといえます。

このような激務にさらされている勤務医は、自身の健康に不安を感じているといわれています。勤務医の中で、49.2%が健康不安を感じているといいます。
さらに、不規則な勤務となるので、なかなか睡眠時間を確保できないでいる人も多いです。

そこで勤務医のうち、45.5%が睡眠不足を感じていると回答しています。
そして、疲労を感じている勤務医は、実に6割を超えるような状態になっています。

このため、勤務医は激務の環境下にあることは、否定できない事実といえます。過労死のリスクがあることはもちろんですが、疲労が抜けない状態で勤務を続ければ、どうしても注意力散漫になってしまいます。
そうすると、医療ミスが発生する可能性も高まってしまいます。

その結果、医療事故が皆さんの身に起こるとも限らないということになってしまうわけです。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。