医師という職業の未来はどうなるか

転職を考えているのなら

我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう、先生の専門に合わせた医療機関を紹介し、待遇改善を提案するのが我々の目指すものです。

先生の医師転職ドットコムに登録していただければ医療の最新情報に詳しいエージェントが集めた業界最大級39480件以上の求人から、先生に合った職場をご紹介することができるのです。

ここで、将来的な医師の展望について、我々の理念と照らし合わせながら見ていくことにしましょう。

医師のおかれている現状と将来

医師は将来性のある仕事というイメージを持たれがちです。医師は高給取りであり、かつ、社会的な尊敬を持たれる職業なので「医師になってしまえば将来苦労なんてしないだろう」と見られているのが世間一般の人の医師に対しての印象では無いでしょうか。

しかし、実際は科によって医師の偏在が激しく、人の居ない科の医師不足が激しくなっており、そういった科では一人の医師に負担がかかりすぎているという現状があります。

また、医師は労働時間が一般職に比べて長く、当直勤務という夜勤の時間もあり、緊急のときに急患を診なくてはいけないので、安定した休みが取れません。

医師は世間一般にイメージされているよりはるかに苦労やストレスの多い職業だと言えるでしょう。

今、日本においては医師は不足していると言われていますが、これから将来的に団塊の世代が亡くなって人数が減っていくにつれて、人口に対して医療従事者が占める割合が増え、医療従事者への需要も減り、医師過剰が起こるのではないかとも言われています。

過剰となってしまった歯科医師

2008年から医学部の定員は増加しており、政府が医師不足解消のために定員を増やしているのがその理由とされています。医師が増えれば増えるほど、良いことばかりという事ではありません。医師が増えすぎてしまえば、医師の供給が過剰となってしまい職につけなくなってしまう医師も現れてしまう事になります。現に、歯学部の定員を増やした事によって歯科医師数の供給が需要をはるかに越えてしまい、歯科医師が過剰となっています。増えてしまった歯科医院は競争が激化することで互いに潰し合ってしまい、結果廃院してしまう歯科医院も少なくありません。

地域に必要な歯科医師であってもこうして需要に対して過剰となると、このように不都合な事が起きてしまいます。

医療機関に特化した経営コンサルティング会社だからこそ

我々の医師転職ドットコムではこういった医師過剰、医師不足の問題にも詳しい医療機関に特化した経営コンサルティング会社が母体となっていますので、最新の医療行政のトレンドを踏まえた経営的視点から、先生の”価値”を正確に医療機関にお伝えし、それをもとに先生のご希望される年収や勤務条件を交渉できます。

ぜひ一度我々におまかせして、長期的な転職についてご相談してください。きっとご満足できる解答がご用意できるでしょう。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
医師
医師という職業の辛い部分とやり甲斐との間で考える転職
転職のサポートなら 我々医師転職ドットコムは、研修医の立場の先生からキャリアを積まれたドクターの立場の先生まで、医者という職業に従事されている先生方すべての転職を支援、サポートしています。 医師転職ド...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。