医師の働き方 - ページ5

JU170_72A
皮膚科医の求人
わが総合病院では今回、病院運営の見直しに伴い、新しく医師を募集いたします。募集する医師は整形外科、内科全般、眼科、皮膚科で、求人の条件は45歳までの若手に限ります。当院は新しい機械...すべて読む
JU168_72A
皮膚科の開業医が得る年収の本音、直面する理想と現実とは
皮膚科医であれば誰でも考える「開業」 現在、皮膚科医として勤務している方は、必ず「開業」という事を考えることがあると思いますが、皮膚科を開業するメリットとは一体何でしょうか。 開業...すべて読む
医師
皮膚科を開業するコツ
皮膚科医として皮膚科を開業する夢は誰もがお持ちのことと思います。 保険を使った診療に着目されてきている現代だからこそ、美容皮膚科と通常皮膚科を併設し、老若男女問わず需要の高い皮膚科...すべて読む
JU162_72A
皮膚科医の年収
医師にはさまざまな専門がありますが、その中でも皮膚科医の年収は大体1000万円前後、しかし開業医だと2600万円となっており、全体の平均が2200万円なのでとても高い年収を得ること...すべて読む
JU056_72A
医局の当直について
医局で勤務するとほとんどの医師が経験をするのが当直というシステムです。今この当直が問題になりつつあり、医師不足を招いています。 医局では当番制で当直をしますが、それがあまりにもハー...すべて読む
JU123_72A
大学病院の先生、給料に満足していますか
医師のみなさんは、患者さまのためにご自身のスキルをもって治療にあたり給料を得ています。それはどの医師でも変わらないことと思います。 しかし、労働に対する対価としての給料には、格差が...すべて読む
JU154_72A
転職をお考えの医師のみなさまへ
現在転職をお考えの医師のみなさまには、様々な目的があると思われます。 1医師としてのスキルアップをしたい 2収入を増やしたい 3将来の開業に備えて専門資格を得たい 4仕事と家事・育...すべて読む
JU046_72A
精神科を開業しましょう
精神科として培った経験を開業で活かしたい、開業は大変だからとためらっている方に朗報です。開業は難しいと思われるかもしれませんが大丈夫です。ぜひこの機会に開院のコツをつかんで精神科を...すべて読む
JU057_72A
精神科の医師を多く募集している理由とは
日々の生活の中には多くのストレスを感じながら生きていくものですが、現代の生活スタイルにおいては、より多くの人がストレスを感じて精神病になってしまうというケースが少なくありません。男...すべて読む
af0100037564l
精神科医になった場合の給料は
日々の生活には多くのストレスがあるものですが、現代において、より多くの人がストレスを感じて、精神病になってしまうケースが少なくありません。 男性、女性、年齢を問わず若い人から高齢の...すべて読む
JU036_72A
多くの精神科医を求人している時代
精神病によって病院に通院し、治療を受けている人を最近、よく周りで耳にするようになりました。 以前に比べて、精神科医に相談をして、治療を受けていくことに抵抗がなくなってきており、病院...すべて読む
JU045_72A
精神科デイケアに携わる求人におけるメリット
現代のストレス社会において、多くの人が精神病に悩んでいます。職場で働くサラリーマンは人間関係や、夜遅くまで続く残業で疲れがたまり、仕事上のストレスで、病気になってしまうケースがあり...すべて読む
JU078_72A
精神科クリニックの求人は人を助ける第一歩
現代社会はストレスの多い社会と言われていますが、多くの人が日々の生活でストレスをかかえています。 職場で働くサラリーマンは上司や部下、同僚との人間関係や、仕事上のお付き合いで気を遣...すべて読む
af0100012671l
整形外科の開業
整形外科の開業時は沢山の高額な医療機器があっても使用頻度が少ない場合もあり、初めから多くを購入する事はおすすめしません。 医療機器メーカーなどの開業に伴う無料支援なども、冒険を伴っ...すべて読む
af0100012645l
開業医としての耳鼻科の年収について
耳鼻科の開業医の状況 耳鼻科は内科や小児科などに比べると、専門性が強い医科になりますので、当然医師の数も他の科に比べ少ないようです。しかし、実際に市場が必要としている耳鼻科医の数に...すべて読む
young japanese female doctor worries/悩む日本人女性医師
近年の産婦人科の医師不足の原因
産婦人科の医師不足の原因として医師の過酷な労働環境や医療訴訟が医師数の減少を急激に速めてきたと考えられます。 これには、仕事量の増加や低賃金又は収益圧力などの他の臨床科にも共通する...すべて読む
tg0010007440l
健診の求人について
健康診断とひと口に言っても、一般健診からそれに付加する形での成人病検診、乳がん・子宮頸がん検診、肝炎ウイルス検診など、検診の内容は様々です。 検診医には企業が行う集団定期健診のほか...すべて読む
JU079_72A
クリニックでの健診
健康診断というと、企業が行う集団健診が思い浮かぶと思いますが、企業健診には来院健診と出張健診の二つがあります。 よく企業の駐車場などに検診車が停まっているのを見掛けますが、あれが出...すべて読む
JU017_72A
眼科の開業資金
眼科の開業資金として通常、土地・建物で約3000万円くらいから、設備に約2000万円~4500万円程度が必要です。その為、土地と建物の他、当面の運転資金などを考えると1~2億円と多...すべて読む
Confident man typing on computer
眼科を開業するには
眼科を開業するには、どのような手順を行っていったらよいでしょうか。 まずは、どのような患者を対象にするのか、どの程度までの診療や処置を行うのか、はっきりさせる必要があります。お年寄...すべて読む

全142件中 81〜100件目を表示

1 2 3 4 5 6 7 8

無料会員登録はこちらから

おすすめ記事

内科で開業した場合の本当の年収とは

内科の勤務医と開業医 内科の勤務医の皆様は、自分の現在の待遇や年収をどのようにお考えでしょうか。 研修医のうちは、臨床経験を積むので精一杯かと思いますが、ある程度実力が伴ってくると、やはり意識するのは ...すべて読む

皮膚科の開業医が得る年収の本音、直面する理想と現実とは

皮膚科医であれば誰でも考える「開業」 現在、皮膚科医として勤務している方は、必ず「開業」という事を考えることがあると思いますが、皮膚科を開業するメリットとは一体何でしょうか。 開業医となれば、当然、「 ...すべて読む

精神科は開業をすれば年収が上がるのか

精神科医の必要性 医師の中でも精神科医は、ストレスやうつ病が社会問題となっている現在の日本には欠かせない診療科です。研究によると、生涯の中でうつ病になり、病院で治療が必要な患者の割合は、全国民の10人 ...すべて読む

年収と待遇から考える小児科の開業とは

開業医か勤務医か 現在、日本の小児科医、特に勤務医の小児科医に関しては、長時間の労働からくる待遇の問題や、年収の関係で、開業への道を模索する方も多いようです。 では実際に小児科を開業した場合の待遇や年 ...すべて読む

眼科医の収入が高いわけ

眼科医の方は、どれくらいの収入を稼いでいるのでしょうか? 一般的に開業医の方が、売り上げがダイレクトに自分の給料に反映される傾向があります。このため、ある程度の集客を確保できれば、かなりの収入になるわ ...すべて読む

美容整形外科で働く医師の年収

美容整形外科の医師は他の科の医師よりも年収がよいといわれています。外科や内科など他の科に勤める勤務医の平均年収は、大体1200万円から1500万円ほどです。開業医で勤務医の1.7倍ほどの年収であるとい ...すべて読む

開業医としての耳鼻科の年収について

耳鼻科の開業医の状況 耳鼻科は内科や小児科などに比べると、専門性が強い医科になりますので、当然医師の数も他の科に比べ少ないようです。しかし、実際に市場が必要としている耳鼻科医の数には足りていないのが現 ...すべて読む

公立病院の勤務医の年収はいくら?

勤務医は、開業医の反対で医療施設である病院や診療所に勤務する医師を言います。 平成23年6月に行われた医療経済実態調査で中央社会保険医療協議会からの報告によると勤務医の平均年収は約1500万円と報告さ ...すべて読む

脳外科医の年収

脳外科には、頭痛、めまい、頭部外傷、脳血管障害などに悩む患者さんが訪れます。脳神経外科疾患、すなわち脳や脊髄、末梢神経、脊椎などに関する疾患を治療する診療科です。 外科医の中でもとりわけスペシャリスト ...すべて読む

転勤する勤務医の実状

医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ ...すべて読む