サイト内の現在位置

コンサルタント厳選求人

大阪コンサルタント 福田 継人

※こちらは、2009年07月17日掲載のコンサルタント厳選求人です。
直近で募集中の同条件の求人をお探しの方は、下記よりご確認ください。

■詳細条件から探す
 常勤求人を探す  週1~3日求人を探す  非公開求人も含めて探す

「退職の意思表示タイミング」転職で失敗しない!シリーズ第15回 関西求人から

「退職の意思表示タイミング」転職で失敗しない!シリーズ第15回 関西・中国の事例・求人から

転職の成功のためには、失敗につながるポイントを知り、事前に防ぐことが大切です。
実際にあった事例を元に、失敗しないポイントについてお話する「転職で失敗しないっ!」シリーズ、
第15回目は「退職の意思表示タイミング」についてお話します。
--------------------------------------------------------------------
【ケース】男性、リハビリテーション科、39歳
大学の医局で働いておりましたが、身体的な負担を減らすため、転職を
決意いたしました。

求人サイトを見ながら、自分の希望条件に近しいものがあったので
医療機関に連絡を取り、見事、面接もクリアしました。

ところが、病院側から「実際にいつから入職できますか」という話になり
医局に退職の旨を伝えたところ、「引き継ぎもあるからあと3ヶ月はいてほしい」
と言われたので、恩義もあり、3ヶ月後に転職したいという旨を、転職先の
医療機関にもその旨を伝え、了承を得ておりました。

しかし、3ヶ月が立とうとした頃、医局内で寿退社が立て続けに出て
医局人事は「今、退職されては困る!」と一点張り。
こちらも今までお世話になっているので、やむなく2ヶ月転職を延ばす
ことにしました。
早速、転職先に連絡を取ったところ
「実は、他に新しく募集してきた先生がいたので、今回はなかったことに…」
という話になってしまいました。
--------------------------------------------------------------------

■■ 失敗しないポイント ■■
■■「退職の意思表示タイミング」■■

せっかく希望にあう転職先が見つかり、内定をもらっても、主なぬ所で
タイミングを逃してしまうことは思った以上に多く発生しております。
その中でも「円満な退職」を行うことは、難しく退職までに時間がかかりがちです。

採用の場では、タイミングも非常に重要な要素になってくるため、
あらかじめ強い引き留めや、人員配置を考慮して早めに退職の旨を
現職の人事課に伝えておくことをお勧めいたします。

また、退職の伝え方は、退職をスムーズにすることも、逆に遅めることもあるので、
注意が必要になります。


■■メディウェルのコンサルタントの強み■■
1 転職を進める際には、退職までを含めたスケジュールを立て、お伝えいたします。
2 今まで様々な先生の事例から、退職のスムーズな伝え方をご紹介することが可能です。
3 仮に、退職のタイミングが遅くなる場合も、事前に転職先へその旨をお伝えし、
かつ先生のスキルやご経験をアピールすることで、入職機会を損なうリスクヘッジを行います。

⾮公開求⼈をもらう

3⼈に2⼈が転職先を⾒つけている好条件の⾮公開求⼈を
優先的にご紹介!…

ご希望の求⼈が⾒つかりませんでしたか? お探しの条件に合った“⾮公開求⼈”をご提案致します。 ご利用は無料

厳選“⾮公開求⼈”を含めて探す

過去のコンサルタント厳選求人

大阪営業所 コンサルタントのご紹介

  • 転職した先生の満足度94.7%

以下の拠点からみなさまをサポートします

  • 科目別の医師転職お役立ちコラム
  • 2次医療件 医師転職お役立ちコラム
  • 40代50代60代の医師転職ドットコム