「面接で聞いていた話と違う」「辞めようとしたら嫌がらせ」…医師の転職活動での具体的な失敗エピソード(自由回答)

医師の転職活動での具体的な失敗エピソード

 
一人の医師と他の医師の仲が悪いと聞いていたが、実際は全員お互いに口もきかないほど仲が悪く非常に居心地が悪い(50代女性・整形外科、転職4回)」
口約束だけで入職し、有給や給与など全てに不満(30代女性・麻酔科、転職1回)」
退職の意向は早期(半年以上前)に伝えたが、退職届を3か月前に出したら、突然の退職で困ったと流布された。(50代男性・一般内科、転職3回)」

医師の転職活動に対する満足度は、全体的に見ると9割が満足という結果ですが(右記参照:医師に自由な転職は難しい?医師531名への最新アンケート結果)、中にはやはり「失敗してしまった…」ということもあります。

転職経験者の医師に先日(2018年11~12月)アンケートしたところ、「転職活動での具体的な失敗エピソード」の自由回答が、「特にない」の40件を除き53件集まりました。分類すると、下表のような内訳になりました。

医師の転職活動での具体的な失敗エピソード

以下、その53件の自由回答の内容を全て紹介します(個人情報保護の観点から一部伏せ字にしている箇所があります)。

<関連記事>
医師に自由な転職は難しい?医師531名への最新アンケート結果
転職未経験の医師が経験者や紹介会社のコンサルタントに聞きたいこと(自由回答)
医師の転職活動、特に苦労したポイントは?(自由回答)
転職活動でやっておいてよかったこと、転職未経験の医師に勧めたいこと(自由回答)
今思うとこうすればよかった…医師の転職活動で後悔していること(自由回答)
転職未経験の医師への経験者からのアドバイス(自由回答)

前回の転職活動での具体的な失敗エピソード(自由回答)

  • <事前に聞いていた内容と転職後とのギャップについて>

    • 繁忙期は9-11月の3か月間と聞いていたが、実際の労働量からみてみると6.5か月は繁忙期でさらに+2か月も準繁忙期だった。健診としては結構忙しい職場の気がする。(それでも臨床よりは負担は断然軽いが。)(29歳以下男性・検診・人間ドック、転職1回)
    • 知人である事務長に請われて転職したものの、院内の力関係が事務長ではコントロールできない状態になっており、一部の古株が幅を利かせていた事を入職後に痛感したこと。(30代男性・循環器内科、転職5回以上)
    • 雇われ院長で就職。 オーナーが違法行為を行うところで、辞めるのに弁護士が必要だった。(30代男性・一般内科、転職4回)
    • 周辺地域の特色(生活保護が多い、喫煙者が多い、知的水準が低いなど)はわからなかった(40代女性・小児科、転職1回)
    • ふたを開けたら、聞いていた医療環境と違う、ということがあった(30代男性・救命救急、転職2回)
    • 雇われの場合、経営者側の方針に従わざるを得ない場合が多いこと(60代男性・形成外科、転職2回)
    • 一人の医師と他の医師の仲が悪いと聞いていたが、実際は全員お互いに口もきかないほど仲が悪く非常に居心地が悪い(50代女性・整形外科、転職4回)
    • 時給に釣られて仕事を選ぶと酷い目に遭うことがあります。幸いスポットで試しに行ってみたので、すぐにお断りしました。(40代女性・形成外科、転職1回)
    • 家族経営はダメですね(50代男性・その他診療科、転職5回以上)
    • 他の医師はみんな60才以上で、もうすぐセミリタイヤだった(40代男性・精神科、転職3回)
    • 市町村合併により定年制が導入(60代男性・一般内科、転職4回)
    • ****の旗振りが理事長というのは馴染めません。勤務して非道目にあい、ネットで調べて初めて****の旗振りを言うのを知りました(*****です)。幹部看護師も****員でしょうから、うっかり指示も出せません。(70歳以上男性・一般内科、転職5回以上)
    • ホームページと紹介会社の情報のみでほぼ決めていたが、実際に面接に行った際にギャップが強く、そこから再度候補を選び直した 幸い良い病院(現在)が見つかったが、実際に行くまでは断定しないことが大事と感じた(30代男性・小児科、転職2回)
    • 完全な経営者のワンマン機関で意にそぐわない人間は退職に追い込む。(50代男性・一般内科、転職5回以上)
    • かなり斜陽のクリニックだったので、事前に見ていたら転職しなかったかも…(50代男性・婦人科、転職2回)
    • 妻の地元で就職したが、来て貰ったことへの感謝は年々薄れる。(40代男性・精神科、転職1回)

    <条件の確認・交渉に関して>

    • 面接の際に際どい条件を飲まされた。被面接者は弱い立場なので、パワハラだと思う。(60代男性・その他診療科、転職5回以上)
    • この曜日の勤務は外して欲しい→通らなかった(60代男性・婦人科、転職1回)
    • 決まりかけた契約が、突然破棄された(40代男性・脳神経外科、転職2回)
    • 口約束だけで入職し、有給や給与など全てに不満(30代女性・麻酔科、転職1回)
    • 当直が月8回(50代男性・小児科、転職5回以上)
    • 新規クリニックの立ち上げで院長となったが、人事面や診療内容等で入職前に提案されたことと実際の内容が違っていたこと。(40代男性・精神科、転職1回)
    • 指定医レポートの指導を受けたので転職せざるを得なかったこと 最初に条件を聞いておけばよかった(60代女性・精神科、転職4回)
    • 必ず勤務条件をしっかり詰めること(50代男性・泌尿器科、転職3回)
    • 前職は週4日だったのに、4.5日にされて実質給与ダウンのなった(60代男性・脳神経外科、転職2回)
    • 口約束ではなく細かい条件まで書面に残す大切さを感じた。(50代男性・救命救急、転職1回)
    • 横浜から北海道へ転職した時、先生方に技術、経験はこれほどあるのになんでこんなに安い給料で契約したのと言われた。ちなみに今はその時の倍です。(60代男性・一般内科、転職5回以上)
    • 失敗ではないが、比較なしで決定したので、移ってみたら給与が安かった(60代男性・病理診断科、転職1回)

    <紹介会社の利用に関して>

    • 仲介業者に意図が通じず無駄な見学、無駄な話し合いを持った(30代男性・心臓血管外科、転職1回)
    • あまり動いてくれない業者は早くに見切りをつけ、別の業者に依頼or自分で動く、極力早目に動く(40代男性・一般内科、転職5回以上)
    • 医師の転職情報あっせん会社は、試験結果、面談結果を伝えてくれない(落ちた時)ということを理解するのに大分かかった。延々と結果待ちをして、もうちょっとで「*****の週1回の嘱託(自分で探した)」に応募し損ねそうに。幸い採用されて、電車を愛でながら働いている。(40代女性・一般内科、転職2回)
    • 今のところに移る前の病院の院長がとても変わった方で、転職サイトの担当者の方がご存知だったのに、採用が決まってから変わった方なのによかったですといわれ、先ににいってほしかったですね、ということがありました。結局院長の方針に深く疑問を感じ、三ヶ月でやめました。(50代女性・麻酔科、転職2回)
    • 業者によっても得て不得手の領域がありそうだ(50代男性・小児科、転職1回)
    • 最終的にこちらで転職を決めた訳ではありませんでしたが、良い対応をして頂いたので、次の転職の際にも利用させて貰えればと考えています。逆に他社に任せた病院もあったが、上手く繋げないばかりか、無用に不信感を募らせる事態になった事もあった。今回は避けようもなかったが、可能な限り身近で上手く転職した人からエージェントを紹介して貰う方が良いでしょう。(30代男性・形成外科、転職1回)
    • 上記と同じ ※前の質問への回答:人材派遣会社の事を鵜呑みにしてしまった人材派遣会社は、人を送ればいいだけでアフターケアーがない(50代男性・消化器内科、転職2回)
    • 転職を急いだが為に担当者に足下を見られ危うくとんでもない条件のクリニックと契約しそうになった。担当者の態度や話し方があまりにも酷く契約寸前で我に返り他の紹介会社に切り替えて現在の勤務先に決定した。本当に危ないところだった。(50代女性・在宅診療、転職4回)
    • 多数の医療機関候補や面接を組んでいただけるかもしれません。しかし、労働契約書を期日内に作らない医療機関等トラブル時は、紹介会社より直接交渉の方が話は早いです。採用可能性が薄い医療機関でも紹介や面接を組み、どうにか採用に繋げようと紹介会社が場合もあります。断ることに時間やエネルギーを注ぐより、自分で探した方が早かった、と思いました。(30代女性・精神科、転職4回)

    <退職に関して>

    • 退職願いを受け取らないような職場は、早く辞めた方がいい(50代男性・消化器内科、転職3回)
    • 前任先のトップから、次の行き先を患者に伝えることを禁止された。その通りしたところ、のちに再開した患者から、行き先も告げずに去った悪い医師とのイメージがあると言われた。他の患者ともそう話していたと言われた。トップに禁止と言われても、自分の患者にはきちんと事情を説明しておけばよかった。(40代男性・精神科、転職4回)
    • 上司に恵まれないと辞めることもままならなかったりするので、転職というより就職の時点で失敗していたのかもしれない。(40代男性・小児科、転職5回以上)
    • 退職の意向は早期(半年以上前)に伝えたが、退職届を3か月前に出したら、突然の退職で困ったと流布された。正確には当方の失敗ではない。(50代男性・一般内科、転職3回)
    • 辞める3かげつまえに伝えたところ、人が足らないとの理由で転職がさらに3ヶ月遅れた。(40代女性・精神科、転職3回)

    <その他>

    • 家賃をダブルで払ってしまった(30代男性・救命救急、転職3回)
    • 年俸で月割の計算だったが、勤務開始の月は日割りで半額であった(50代男性・消化器内科、転職3回)
    • 転職に際し出身大学医局の先輩に相談したが、その先輩から誘われてしまい、断ることになって心が痛んだ。(50代男性・一般内科、転職2回)
    • 人生には失敗がつきものです。数えればきりがありません。(50代男性・一般内科、転職2回)
    • 同じ診療科についてふたつの病院から選んだが、選ばなかった病院の方がより自分が診たい疾患や患者を診療しており、結果的に自分の希望とは異なった選択になってしまった(50代男性・小児科、転職5回以上)
    • 面接で気分良く話し過ぎたのか、断られた。調子に乗っては駄目。(60代男性・老人内科、転職4回)
    • 失敗ではないが転職先が決まらないと不安になって焦るので、早まらないことです(40代男性・循環器内科、転職4回)
    • 1か月間バイトで過ごし、計画的な転職をすべきであった。(50代男性・消化器内科、転職5回以上)
    • 最悪の求人しかないことがよくわかった。 ※前回転職方法「インターネット上の求人サイトで求人情報を確認し直接問い合わせた」(50代男性・一般外科、転職4回)
    • 札幌は生活するにはあまりにも寒すぎた。(60代男性・一般内科、転職2回)
    • 思い出すのもいや(60代男性・病理診断科、転職5回以上)

     

    調査概要

    調査内容 医師の転職に関するアンケート調査
    調査対象者 株式会社メディウェルに登録している医師会員、および株式会社Medpeerに登録している医師会員
    調査時期 2018年11月28日~2018年12月25日
    有効回答数 531件(うちメディウェル会員431件、Medpeer会員100件)
    調査公開日 2019年1月23日