サイト内の現在位置

愛知県は、人口10万人に対する医師数は全国平均並みですが、入れ替わりが激しく医師の転職市場は活性化しています。求人倍率は全国平均の1.14を下回り1.12となっていることから希望に合った病院施設への転職がしやすい状況です。東京、沖縄に次いで人口が増えている県であることから、今後はさらに新設の病院や増設などを予定している施設も多くあります。それに伴いますます常勤医師のニーズは高まってきているところです。実績のある病院も多くある中で、新設された病院で立ち上げから関わりたいと希望している医師は、常に求人情報をチェックしておくといいでしょう。

肛門科 愛知県の常勤医師求人 検索結果

6件の医療機関の中から1~6件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • NEW
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/09/13 更新

所在地 愛知県 募集科目 外科
肛門科
給与 年収1,500~2,200万円
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
検査、手術
関連求人:
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/06/19 更新

所在地 愛知県 募集科目 消化器外科
肛門科
給与 年収1,800~2,000万円
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理、手術、内視鏡検査
関連求人:
  • NEW
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

  • 週4勤務
  • 土日休み
  • 当直なし
  • 救急なし
  • 1800万円可

2019/08/30 更新

所在地 愛知県 募集科目 外科
消化器外科、肛門科
給与 年収1,000~1,550万円
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理、手術
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:109237-00002)

<豊田市>◆IBD領域に携わりたい30~40代の先生へ

2018/08/20 更新

所在地 愛知県 募集科目 消化器科
肛門科
給与 年収1,500~2,000万円 職務内容 外来
病棟管理、内視鏡検査
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:109237-00011)

<豊田市>◆IBD領域に携わりたい30~40代の先生へ

2018/08/20 更新

所在地 愛知県 募集科目 外科
消化器外科、肛門科
給与 年収1,500~2,000万円 職務内容 外来
病棟管理、手術
関連求人:
  • 常勤
  • 【終了求人】********(法人名非公開)(求人コード:113931-00002)

【名古屋市】漢方クリニックでの常勤医師募集案件です!

2018/03/14 更新

所在地 愛知県 募集科目 内科
総合内科、外科、救命救急、神…
給与 年収1,200万円~ 職務内容 外来
関連求人:

6件の医療機関の中から>1~6件を表示(そのほか非公開求人もございます)

愛知県の医療現場

近年までは細かく分かれた医療圏によって、救急医療、休日夜間診療の体制が整っていましたが、一部の地域で医師不足が深刻化し、救急医療体制の見直しが検討されています。医師求人理由では、患者数が多いため「現員医師の負担軽減」という項目において、全国平均の27.1を大きく上回り33.8%と1位となっています。仕事が忙しいという一方で、愛知県では若手中心のTAVI(経カテーテル的大動脈弁植え込み術)チームを結成し、高度な心臓病治療を提供しています。経験豊富な医師も多く在籍しており、スキルアップのための転職を希望している医師にとっては、非常に良い環境であると言えます。

愛知県の地域医療環境

愛知県の面積は小さいですが人口が密集している地域であることから、名古屋、海部、尾張中部、尾張東部、尾張西部、尾張北部、知多半島、西三河北部、西三河南部西、西三河南部東、東三河北部、東三河南部と細かく12の医療圏で構成されています。人口増減率は全国で3位となっており、全国的に人口が減少していく傾向の中、人口が増えていっている数少ない県の一つです。経済的にも活性化していることから、様々な地域からの人口流出が多いことが理由となっています。また、愛知県は生活習慣病、がん、心疾患による死亡率は少ないですが、今後は高齢化を見越して認知症(精神疾患)などの医療体制が必要とされています。

県独自のジェネラルマインド医師養成セミナーの開催

愛知県ではH22年から、愛知県医師会が主催する「ジェネラル医師マインド医師養成セミナー」が開催されています。ジェネラル医師とは、愛知県独自のネーミングであり、「ジェネラリスト医師や臓器専門医であっても総合的な医療視点をもって診療をしたいと考えている医師」という風に定義づけられています。そのため、専門領域を超えた知識や知見を学ぶことができます。こうした医師の育成に力を入れているのも愛知県の特徴と言えるでしょう。随時開催されているわけではありませんが、スキルアップに繋がるため医師にとっては魅力的なセミナーと言えます。