サイト内の現在位置

広島県の人口10万人に対する医師数は、全国平均を超えていますが常勤医師の求人は現在も多く出ています。現員医師に対する必要医師数は、全国平均とほぼ変わらず転職しやすい環境だと言えるでしょう。また広島県は、「小学生の学力テスト」全国5位、「大学進学率」全国4位と高学歴の県であるとしても有名です。英才教育熱心な医師にとっては、そういった一面からも人気の県です。

肛門科 広島県の常勤医師求人 検索結果

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の非常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

こだわり条件

+ その他こだわり条件を変更

検索スタート
  • 常勤
  • ********(法人名非公開)

2019/04/17 更新

所在地 広島県 募集科目 内科
総合内科、外科、神経内科、脳…
給与 年収2,000万円~
詳細な金額はこちら
職務内容 外来
病棟管理、在宅医療、内視鏡検査
関連求人:

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

広島県の医療現場

広島県全体では医師数は多いですが、一部で医師不足問題が発生しています。そこで医師が不足している施設へ外部から派遣を行う事業も行われています。医師求人理由としても「外部機関からの派遣・医師確保」という項目では全国平均を上回っています。「ふるさとドクターネット広島」では、現場で働く医師・Uターンで戻ってきた医師のインタビュー記事を掲載するなど、県外からの医師確保も積極的に行われています。

広島県の地域医療環境

広島県は、広島、広島西、呉、広島中央、尾三、福山・府中、備北の8つの医療圏で構成されています。広島県は原爆投下という歴史を持っていることから「がん」の治療は積極的に行われています。「広島がん高精度放射線治療センターHIPRAC(ハイプラック)」では、大学病院、県立病院、私立病院、赤十字・原爆病院の他、がん診療連携拠点病院とネットワークを構築し、高精度の治療を提供しています。高精度放射線装置を備えており、乳がん、肺がん、前立腺がんなど多くの「がん治療」に注力しています。専門分野でキャリアを形成したいと考えている医師にはいい環境と言えるでしょう。

ベテラン医師による地域医療支援システムを構築

県内では、定年を迎えた医師や第一線を退いた医師に対して、グループや個人で地域の外来診療や診療所での代診を行うことを推進しています。働き方は、個人の状況に合わせながらできる範囲で地域医療に関われる環境づくりが行われているのが特徴です。他にも県内には、多くの専門分野でネットワークが構築されています。セミナーも多く開催されており、スキルを磨くのにも最適です。