サイト内の現在位置

肛門科 兵庫県の非常勤医師求人 検索結果

兵庫県の非常勤医師求人は非常に多く転職市場は活性化しています。診療科目は一般内科を始め、整形外科、救急外来、精神科など多種多様です。H26 年3月までの期間を対象とした分析によると、呼吸器内科、消化器内科、心臓血管外科、脳神経外科、産婦人科、救急科での医師不足が問題となっています。特に救急科で医師不足感が強く、不足している診療科を希望している医師はさらに転職しやすいといえます。

1件の医療機関の中から1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

この条件の常勤求人を見る

検索条件変更

勤務地

+ 勤務地を変更

科目

+ 科目を変更

勤務曜日・時間

その他条件

+ その他条件を追加

求人検索

2019/07/04 更新

給与 1回35,000
詳細な金額はこちら
職務内容 病棟管理
勤務曜日
勤務時間 18:00~翌日8:00
詳細な勤務時間はこちら
関連求人

1件の医療機関の中から>1~1件を表示(そのほか非公開求人もございます)

兵庫県の非常勤医師勤務形態

非常勤医師としての勤務形態の多くは、日勤(午前診・午後診)です。人口が密集しているため、医師が1人で診療しなければいけない患者数が多く、現員医師の負担を減らすためと考えられます。非常勤医師として忙しくても、キャリアを磨きたいという医師にとっては実績豊富な医師の元で働くことで、多くの経験と知識を得られるはずです。

兵庫県の非常勤医師平均給料

日勤(午前診・午後診)では、平均すると時給1~1.5万円という病院が多くなっています。救急に対応している病院での当直となると、日給15万~18万円と高待遇で迎えられています。交通費は全額支給としている施設が多く、他県からでも非常勤として勤務しやすいといえるでしょう。また、兵庫県医師会では、県内で勤務している研修医や勤務医に対してベビーシッター料金の一部負担支援も行っており、女性医師にとっても働きやすい環境といえます。県立病院での勤務を希望している女性医師に対しても、復職支援などが行われています。

兵庫県地域医療支援医師のための豊富な研修コース

県内では医師・医療の偏在が問題であるのと同時に、特定の診療科で医師が不足状態にあります。そこで、医師のキャリアに応じた様々な研修コースを設けています。キャリアによって「後期研修医」「専門研修医」「地域医療支援医師」の3つに分かれていますが、さらに後期研修医コースでは、医師の確保が急務となっている「小児科医」「産科医」「麻酔科医」「救急医」「総合診療医」の5つのコースがあります。各専門分野のスペシャリストを目指している医師にとっては魅力的な研修となっています。